カルティエ、電池交換6年不要の新作クオーツ式腕時計

2019/2/14
サントス デュモン CRWSSA0022 ケース:43.5×31.4mm、ステンレススチール 駆動装置:クオーツ式 予定価格:39万7500円(税別) 2019年4月発売予定

仏高級ブランドの「カルティエ」は主力の男性向け腕時計「サントス」コレクションの新作を発表した。「サントス・デュモン」では新たに高性能クオーツ式駆動装置(ムーブメント)を搭載、電池交換を約6年間、不要とした。

サントス ドゥ カルティエ クロノグラフ CRWSSA0017 ケース:51.3×43.3mm、ステンレススチール(ADLC加工) 駆動装置:機械式自動巻 予定価格:97万円(税別) 2019年4月発売予定

ベルトを簡単に交換できるクイックスイッチ機構を採用した「サントス・ドゥ・カルティエ」では、ストップウオッチ機能のスタート・ストップボタンを9時位置に配置した「クロノグラフ」や、インデックス(目盛り)を兼ねたブリッジ(歯車などを固定する受け板)に夜光塗装を施した「スケルトン」などを発売する。

サントス ドゥ カルティエ スケルトン CRWHSA0009 ケース:47.5×39.8mm、ステンレススチール(ADLC加工) スケルトンブリッジとグレースティール針にスーパールミノバ加工 駆動装置:機械式手巻き 予定価格:275万円(税別) 2019年6月発売予定

女性向け「パンテール・ドゥ・カルティエ」では、予定価格37万円(税別)からの「ミニ」を投入。ジュエリーウオッチ「レヴェラシオン・ドュヌ・パンテール」では、これまでのゴールドに代わり約650個のダイヤモンドの粒で文字盤にパンサーの顔を浮かび上がらせる新作を用意した。

パンテール ドゥ カルティエ ミニ CRWSPN0019 ケース:25×21mm、ステンレススチール 駆動装置:クオーツ式 予定価格:37万円(税別) 2019年6月発売予定
レヴェラシオン ドュヌ パンテール CRHPI01356 ケース:直径37mm、ホワイトゴールド ブリリアントカットダイヤモンド 約19.39カラット(約650個のダイアル内のダイヤモンド含む) 駆動装置:機械式手巻き 予定価格:2820万円(税別) 2019年4月発売予定 世界限定40本

高級時計の国際見本市「ジュネーブサロン(SIHH)」に設けられたカルティエのブース

時計の写真は (C) Cartier

関連記事:カルティエ、簡単にストラップ交換できる新作ウオッチ

「時計」記事一覧

Watch Special 2019

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2019」ではSIHHやバーゼルワールドといった国際時計見本市で発表された新作腕時計レポートに加え、今年のトレンドやビジネスマンに向けた腕時計の基礎講座など幅広いコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2019はこちら

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019