WOMAN SMART

ヘルス

子どもの花粉症、免疫療法の効果高く 貼り薬も利点

2019/2/19

花粉症に効果のある新薬が続々登場している(写真はイメージ=PIXTA)

まもなくスギ花粉が本格的に飛散しはじめる時期。花粉予報を見て憂うつな気分になっている方も多いのではないだろうか。そこで今回は、新薬が登場し、選択肢が増えている花粉症治療の最新事情と、最近、増えている子どもの花粉症とその治療について紹介する。

■薬の基本は抗ヒスタミン薬と鼻噴霧用ステロイド

花粉症で受診すると、通常は飲み薬の「抗ヒスタミン薬」と、鼻にスプレーする「鼻噴霧用(点鼻)ステロイド薬」を処方されることが多い。

抗ヒスタミン薬は、花粉によるアレルギー反応で体内に放出される「ヒスタミン」という物質の作用をブロックすることで、くしゃみや鼻水、鼻詰まりといった花粉症の典型的な症状を抑えてくれる。また、鼻噴霧用ステロイド薬は、鼻粘膜に直接働いて炎症を抑える作用を発揮する。

以前の抗ヒスタミン薬(第1世代抗ヒスタミン薬)は、脳に作用して眠気を引き起こす副作用が強く、仕事などの効率が落ちる「インペアードパフォーマンス(能力や効率の低下)」が問題になっていた。しかし今では、脳への作用がより少ない「第2世代抗ヒスタミン薬」が処方されるようになったため、眠気などの心配は少なくなっている。

ただし、同じ第2世代抗ヒスタミン薬の中でも、眠気の発生については差があり、薬によってはクルマの運転などを控える必要がある。診察時や薬局で薬を受け取る際、医師や薬剤師から「服用中はクルマの運転禁止」または「注意して運転する」などの指導と詳しい説明があるはずなので、必ず守りたい。

薬の効力や副作用の現れ方には個人差があるので、眠気についての注意を受けていなくても、ぼうっとしたり眠気を感じたりしたら、運転を控え、医師や薬剤師に相談するとよい。

鼻噴霧用ステロイド薬については、「ステロイドは怖いもの」という印象を持つ人もいるが、飲み薬とは違って成分が血液中に浸透することはほとんどないため、全身の副作用は少なく、長期間使っても安全とされている。

2000年以降に発売になった主な第2世代抗ヒスタミン薬

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経DUAL
医療保険 「マストではない」理由をFPが解説
日経doors
嫌よ嫌よはマジで嫌 NOも言えない、こんな世の中じ
日経ARIA
40代からの歯科矯正はあり? 失敗しない歯科医選び
日経DUAL
手軽なツールSNS 疲れずに仕事人脈をつくるコツ
ALL CHANNEL