I lostって何に負けたの? 間違えやすいloseの使い方デイビッド・セイン「間違えやすい英語」(56)lose/lost

一方、loseの後に目的語がない自動詞の場合ですと、「道に迷う」という意味がなく、ほぼ「負ける」という意味に限定されてしまいます。負けた人のことをloserと言いますが、それは、この自動詞としてのloseから来ています。こうした理由でナンシーは、ヒロシが「負けた」と言ったと解釈したので、「何の試合に負けたの?」とたずねたわけです。

では、どう言えばよかったのでしょうか?

Hiroshi: Sorry I'm late. I got lost.
Nancy: It's okay. I'm just glad you made it.
Hiroshi: Thanks for waiting for me.

ヒロシ:遅れてごめん。道に迷っちゃった。
ナンシー:気にしないで。無事に着いてくれてうれしいわ。
ヒロシ:待っていてくれて、ありがとう。

I got lost.には「私は道に迷った」という意味があります。ここでのlostは、他動詞loseの過去分詞(受け身の形)が形容詞的に使われているものです。I am lost.なら「私は道に迷っている」という状態を示しますが、このbe動詞をgetに変えると「~になる」という動作が加わり、I get lost.で「私は道に迷う」という意味を表せるのです。

代わりに、lose oneself(自身を見失う)や、lose one's way(自分の道を見失う)と言っても、「道に迷う」という意味になります。ただ、lose one's wayは、文字どおり道に迷う以外にも、「何をしてよいのか分からない」「途方に暮れている」といった比喩的な意味で、「進むべき道に迷う」ことを表したりもします。

In college, I lost my way for a bit before deciding to study linguistics. 大学では、言語学を学ぼうと思う決心するまでに少し迷いがありました。

この際おさえておきたいlose/lostの使い方

I need to check if my umbrella was turned in to the train station lost and found. 鉄道駅の遺失物取扱所に私の傘が届いていないか調べないと。

*lost and found: 遺失物取扱所。イギリスではlost propertyという言い方をします。

Sometimes even the best jokes get lost in translation. 最高のジョークであっても、翻訳では伝わらないことがある。

*lost in translation: 外国語に翻訳することで原語のニュアンスが失われる、ということです。

I was lost in thought during the entire staff meeting this morning. 今朝のスタッフミーティングの間、ずっと物思いにふけっていました。

*be lost in: ~に没頭している、~に夢中である。lost in thoughtなら、「考えにひたる」「物思いにふける」といった意味になります。

ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら
出世ナビ記事アーカイブ一覧