powered by 大人のレストランガイド

週末レシピ 黄身だけ、混ぜ方色々、究極の卵かけご飯

卵の使い方や調味料によって卵かけご飯の種類は無限大 写真はしょうゆご飯+黄身だけの卵かけご飯
卵の使い方や調味料によって卵かけご飯の種類は無限大 写真はしょうゆご飯+黄身だけの卵かけご飯

新鮮な生の卵を炊きたてのご飯にかけ、そこに若干の調味料を足すだけという至極シンプルな「卵かけご飯」。数年前には「TKG(Tamago Kake Gohan)」と略され、専門のレシピブックが発売されたり、専用のしょうゆが発売されたりするほどの一大ブームを巻き起こした。

シンプルなだけにそれぞれの好みが分かれ、「これぞ最高の卵かけご飯だ!」という食べ方に関しておのおのが主義主張を持っていること。そして、ご飯も鶏卵もほかを受け入れる包容力を備えているためアレンジの幅が無限大であること。この2点がTKGブームを巻き起こした要因と言えるだろう。黄身だけ派、全卵そのまま派、かきまぜ派などいくつかのTKGの派閥があるようだが、その中でも比較的新しいものとして注目を浴びたのが、「ふわふわタイプ」である。

今回は、このふわふわタイプをさらにおいしく仕上げるコツと、卵かけご飯に適した調味料についてご紹介したい。

最近人気急上昇のふわふわ卵かけご飯
<材料>(1人分)
新鮮な卵 1個 / ご飯…1膳 / 塩 小さじ8分の1(0.6グラム~1グラム弱) / しょうゆ 小さじ1
<作り方>
(1)常温に戻しておいた卵を卵白と卵黄に分ける
(2)卵白に塩を加え、七分立てくらいにかき混ぜる
(3)ご飯にしょうゆを回しかけ、コメ粒を潰さないように全体に混ぜ合わせる
(4)(3)を茶わんに盛り、その上に(2)で泡立てた白身を盛り、最後に(1)の卵黄をのせる
※塩は卵白の泡立ちを早くするために入れるので、ほんの少量でOK
※卵白に塩味がつくほど入れてしまっては入れすぎです
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト
注目記事
メールマガジン登録
大人のレストランガイド
ラーメン・レシピ・コンテスト