ブラウン系スーツで攻める 仕事の装いをアップデート

MEN’S EX

2019/2/15
MEN'S EX

タイドアップもノータイも程よく“今”に。
グレイッシュなブラウンスーツ

ビジネススーツの基本色はネイビーかグレー系。とはいえ、ここまでオフィスカジュアルやカジュアルフライデーが浸透した今、そのセオリーに縛られ過ぎるのは無粋。正統を理解しつつ、ときに今らしい柔らかさを表現できてこそ、現代の一流と言える。そこで注目したいのがブラウン系のスーツだ。

確かにブラウンはネイビーやグレーより洒落感があり、カジュアルなイメージも強い。だからこそ今の仕事環境に相応しい個性が表現でき、親しみやすさや、大人の男としての渋みや奥行きもアピールできるというわけだ。

そんな“ビズ・ブラウン”として、とくにおすすめなのがグレーがかった茶。それがダークな色調ならチャコールグレー、明るければライトグレー感覚で纏え、責任ある立場の人でも抵抗なく着用できるだろう。仕事の装いを新鮮にアップデートしたいならお試しを。

[ 具体策 1 ]ベーシックな着こなしをこげ茶でシックかつ柔らかに

■ALESSIO/アレッシオ

滑らかな素材感で濃ブラウンが奥深く映える

ややグレーがかったダークブラウンに加え、軽快な仕立てで今らしいソフトな印象に。生地は伊のドラゴ社製。一見ざっくりしているがスーパー130's素材でタッチはしなやか。大人の格もたっぷり漂う。 17万円(バーニーズ ニューヨーク) ※実際の商品は、フラップポケットに仕様変更。

シャツ3万6000円/ボリエッロ(インターブリッジ) チーフ4000円/フェアファクス(フェアファクスコレクティブ) 時計75万5000円/IWC(IWC) タイ3万5000円/アット ヴァンヌッチ(エストネーション) ベルト〈スタイリスト私物〉

[ 具体策 2 ]粋なライトブラウンスーツでニットポロも若々しく

■STILE LATINO/スティレ ラティーノ

柔らかくも渋さ漂うグレイッシュなライトブラウン

人気モデル「AULEO35」の生地を、毛50%+綿50%のキャバルリーツイルに。独特な素材感と2パッチのデザインで、ノータイ姿が様になる一着だ。ナポリらしい柔らかな肩やベルトレス仕様の2プリーツパンツも、明るいブラウンを一層粋に見せている。 28万円(ビームス 六本木ヒルズ)

ニット1万7000円/ルトロワ(八木通商) 時計119万円/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニス) メガネ3万6000円/ユーイチ トヤマ(ブリンク外苑前)
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2020
Instagram