U22

ワークスタイル

社会人スタートしてからやるべきこと ~仕事がつまらないと感じた時は 人事部の視点(17)

日経カレッジカフェ×人事部

2018/10/23

こんにちは。株式会社モザイクワーク取締役COOの高橋実です。モザイクワークは企業の採用コンサルティングを行っている会社です。今僕は、モザイクワークのほか、2社で人事の仕事に携わり「本気の複業」を行っています。

10月1日、晴れて内定式を迎えた人もいたと思います(台風で内定式のスケジュールがずれた人もいると思いますが)。どんな気持ちで内定式を迎えましたか?

さて、この時期、すでに内定が決まっている学生の方から、「残りの学生生活で何をすればいいですか」という質問をよくもらいます。こちらは、人事部長のひとりごと「学生のうちにどうしても学んでおきたいこと」、人事部の視点「入社までに準備しておくこと」、中澤二朗さんの「「初心」ノートに...差がつく3つの心がけ」、玉井亜以子さんの「居眠りは債務不履行!? 体内時計の調整を」などを参考にしてみてください。

学生のうちにやっておくことは大事なことなのですが、むしろ大変なのは入社して社会人生活をスタートしてから。やるべきことが変わり一気に環境が変化します。今回は、そんな「社会人がスタートしてからやるべきこと」に焦点を当ててお話をしたいと思います。

多くの仕事は「石の上にも三年」

最近、優秀な社会人1~2年目の方から「仕事がつまらなくて転職したい」という相談をよく受けます。特に、学生時代に頑張ってきた優秀な人からの相談が多いような気がします。

U22 新着記事

ALL CHANNEL