5月1日・2月25日… 「上昇確率7割超」の経験則株式投資の超キホン「日経平均」を知ろう!(8)

2019年も早いもので2月半ばとなりました。大発会は452円安と3年ぶりに下落し、日経平均株価の終値は節目の2万円を割り込むスタートでしたが、その後は底堅く推移しています。今年も米国と中国の貿易摩擦の行方が相場を左右するテーマとなりそうで、先行きを見通しづらい状況が続くでしょう。売買のタイミングをどうつかめばいいのか、判断が難しいとき、知っておくと参考になりそうなのは「過去の傾向」かもしれません。

例えば前回は干支に着目した相場の動きをお話しました。今年の干支、亥の日経平均は過去5回ありますが、前年から上昇すれば勝ち、下落は負け、とすると4勝1敗で、勝率は十二支中3位です。それなのに、今年はいきなりの2万円割れスタートでした。大発会の値動きはその年を象徴するものなのでしょうか。早速、過去の実績で調べてみましょう。

日経平均の草創期は「大発会に上げれば(あるいは下げれば)、その年は上がる(あるいは下がる)」といった経験則がほぼ的中しています。1950年代は9回、60年代は8回です。景気が拡大し、相場が上昇し続けた80年代も大発会の値動きがその1年を表していました。一方、バブル経済がはじけた90年代は3回でした。政権交代が相次ぎ国内政治が不安定になった時代で、突発的に国内金融機関の倒産が相次ぎました。短期の売買を繰り返す海外のファンドが台頭したせいもあるでしょう。

2000年以降は経済のグローバル化が進み、海外の金融政策や景気動向が相場に影響を与えるようになりました。新興国の経済が成長し、世界的に景気拡大が進んだ時期は「大発会で上昇すれば、その1年で日経平均株価が伸びる」という規則性が見られます。半面、英国の欧州連合(EU)離脱やトランプ米大統領の繰り出す政策など、10年代は後半にかけて国際情勢が大きく変化しています。そのせいか大発会とその年の値動きの一致は薄らぐ傾向にあります。大発会が下落スタートだった3年前の2016年も終わってみれば上昇でした。そうすると、下げて始まった19年もこの先は上昇に期待できるかもしれません。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし