味噌メーカーの挑戦 ハート形レモン付き紅茶がヒット

日経クロストレンド

光浦醸造の人気商品。乾燥レモン付きの紅茶で、左が「FLT(フロートレモンティー)レモンハート」、右が「フロートレモンティー」
光浦醸造の人気商品。乾燥レモン付きの紅茶で、左が「FLT(フロートレモンティー)レモンハート」、右が「フロートレモンティー」
日経クロストレンド

味噌メーカーの光浦醸造(防府市)が販売する、乾燥レモン付き紅茶「フロートレモンティー」シリーズがヒットを続けている。防カビ剤やワックス未使用の広島県産「エコレモン」を輪切りにした乾燥レモンと、国産有機紅茶のティーバッグをセットにしたレモンティーだ。特徴は、お湯を注ぐだけで、本物のレモンの香りを気軽に楽しめること。現在、販売しているフロートレモンティーシリーズは、8種類。2017年度はフロートレモンティーシリーズだけで、約9000万円売り上げた。

特に人気が高い商品が、15年から販売しているハート形の乾燥レモン付きの紅茶「FLT(フロートレモンティー) レモンハート(以下、レモンハート)」だ。同社のECサイトで発売日時を予告して販売すると、数分で売り切れる状況が続いていた。あまりに注文が殺到することから、抽せんで販売していた時期もあるほどだ。現在は製造体制も整い、ECサイトでは2週間に1度、定期的に販売している。かつてのように数分で売り切れることはなくなったが、「次の発売日まで売れ残ることは、ほとんどない」と、同社の光浦健太郎社長はいう。

左から、「水出しフロートレモンティー」(972円)、「フロートレモンティー」(1080円)、「FLTジンジャーレモンティー」(1080円)、「FLT レモンハート(出雲)」(972円)、「FLT レモンハート(月ヶ瀬)」(972円)、「FLT レモンハート(五ヶ瀬)」(972円)

同社は山口県防府市で150年以上前から味噌やしょうゆなどをつくり続けている。もともとは業務用の製品のみを製造していたが、8代目の光浦社長は、03年ごろからBtoC向けの新商品を次々と開発。醸造という枠にとどまらず開発したオリジナル商品「乾燥レモン付きの紅茶」(10年発売)が話題となり、業績を伸ばしている。業務用のみ手掛けていた01年度の年商は、4000万円ほどだったが、17年度は約1億9000万円。4.7倍ほどに伸びている。

緑茶にレモン? 外国人旅行者をターゲットにした新商品

19年春頃には、乾燥レモン付きの緑茶と抹茶を発売する予定だ。メーンターゲットは、外国人旅行者。20年の東京五輪・パラリンピックの開催で外国人旅行者がさらに増加することを見込んで開発した。緑茶や抹茶に乾燥レモンを浮かべるという斬新なアイデアについて、光浦社長は次のように話す。

「紅茶の本場、イギリスではレモンを入れて飲む習慣はない。主に日本をはじめ、アジアで広まった飲み方だと言われている。それと同じように、緑茶や抹茶にレモンを入れて飲む習慣は日本にはないが、海外で広まったとしてもおかしくない。それをあえて、日本で仕掛けてみようと考え、乾燥レモンで試作をしてみたところ、意外と合うことが分かった」(光浦社長)。ただ、生レモンは酸っぱすぎ、お茶の色も変わってしまうので合わなかったそうだ。乾燥レモンがあったからこそ、実現できた商品なのだという。

外部のデザイナーに依頼したが……

フロートレモンティーを開発したのは、地元の同級生が営む食品乾燥機メーカーで「乾燥レモン」のサンプルを見たことがきっかけだった。乾物は、味噌やしょうゆと同じ「保存食」という共通点がある。乾物であれば味噌づくりの米麹を乾燥させる技術を生かせることもあり、「乾燥」をテーマに新商品の検討を重ねた。その結果、乾燥レモンをセットにして売る「レモンティー」というアイデアが生まれたという。それから1年ほどかけて開発した。10年に食品・飲料専門の展示会「フーデックス・ジャパン」に初出展。翌年からは食品専門商社の日本珈琲貿易を通じて、スーパーマーケットの「北野エース」に卸すようになった。

MONO TRENDY連載記事一覧