四十肩の痛み放置しない 「肩腱板断裂」の可能性も50歳以上の4人に1人が起こす「肩腱板断裂」とは

日経Gooday

肩の痛みは、単なる加齢現象とは限らない。写真はイメージ=(C) Viktoriya Kuzmenkova-123RF
肩の痛みは、単なる加齢現象とは限らない。写真はイメージ=(C) Viktoriya Kuzmenkova-123RF
日経Gooday(グッデイ)

中高年に多い肩の痛みといえば、いわゆる四十肩・五十肩(以下、五十肩)を思い浮かべる人が多いだろう。「年をとれば肩が痛くても仕方ない」と放置する人も多いが、腱が切れる「肩腱板断裂」の可能性があることはあまり知られていない。

近年、高齢化に伴って肩腱板断裂が増えていることを受け、ジョンソン・エンド・ジョンソンは、2018年11月28日に肩腱板断裂に関するメディアセミナーを開催。運動器エコー診断のパイオニアである、城東整形外科副院長・皆川洋至氏の講演から、肩腱板断裂の現状と最新治療についてポイントを紹介しよう。記事末に掲載した肩腱板断裂のチェックリストもぜひ活用してほしい。

肩が痛い、上がらない…腱が切れる「肩腱板断裂」かも

肩が痛くて洗濯物を干せない、シャンプーするのがつらい…そんな症状が出たとき、多くの人が疑うのが、いわゆる五十肩だろう。そして、「放っておけば治るらしい」という噂を聞いて、受診しないまま痛みに耐えるのが現状ではないだろうか。だが、整形外科における超音波診療のパイオニア、皆川氏は、「肩の症状を自己判断し、放置していいと決めつけるのは早計」と指摘する。

「五十肩は正式な病名ではありません。中高年の肩の痛み全般を意味する俗語にすぎず、そこには20以上の病気が含まれています。でも、普通のレントゲン写真には骨しか写らないため、20もの病気のうち、診断できるのはわずか3つ程度。骨以外の病変があっても、レントゲンでは把握できません。骨に異常が見られなければ、『湿布と痛み止めを出しておくので、様子を見ましょう』で以前は終わっていました」(皆川氏)

レントゲンが見落とす、骨以外の病変の1つが「腱」の異常だ。中でも、肩の腱が切れて痛みが生じたり、腕が上がらなくなったりする「肩腱板断裂」は、症状があっても、まさか腱が断裂しているとは考えがたい病気である(表1)。そのため、「そのうち治るだろう」と軽視して受診しない人が多いのだという。

【表1】肩腱板断裂の特徴
●高い場所の物を取る、洗髪するなどの動作がつらく、腕が上がらない
●腕を上げると肩が痛むが、反対側の手で支えれば上げることができる
●腕が上がっても力が入らない
●腕を上げると、肩でジョリジョリとこすれるような音がする
●夜、痛みで眠れないことがある
●自然に治らない(放置すれば部分的な断裂から完全断裂に進行しやすい)

肩腱板断裂は、よくある病気なのになぜ放置される?

「腱板」とは板状の腱で、肩の関節を安定させる機能を持つ、4つの筋肉(棘上筋、棘下筋、肩甲下筋、小円筋)の総称だ(図1)。加齢によって腱板の強度が低下したり、転倒して衝撃を受けたりするうちに、腱板が切れてしまうことを腱板断裂という。骨折や捻挫のように原因が明らかなケガと違い、本人も気づかないうちに日常生活の中で自然に切れやすい。腱板が切れてしまうと、肩周辺の痛みのほか、腕に力が伝わらない、筋力が低下するなどの症状が生じてくる。

肩関節の筋肉と上腕骨をつなぐ「腱板」は、加齢や衝撃などにより自然に断裂しやすい。イラスト原図(C)alila-123RF
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント