マネー研究所

もうかる家計のつくり方

役職定年で収入減…「老後は海外旅行」かなえる貯蓄術 家計再生コンサルタント 横山光昭

2019/2/6

写真はイメージ=PIXTA

「老後に向け、どれぐらいの金額を自由に使ってよいものでしょうか」。今回、ふらりと家計の相談に来たのは男性Tさん(55)とパートで働く妻(54)。Tさんは役職定年を迎え、収入が4割ほど減りました。一方、この春に次男(22)が大学を卒業、就職と同時に実家を離れる予定です。「夫婦2人暮らしとなるなら、自由に時間を使って、海外旅行にもまとまったお金を使えればいいな」と思っています。よく聞くと、Tさんは食費に月11万円超も使う「メタボ家計」。このままでは老後の楽しみにお金を捻出するのは難しい状況でした。

■子供は独立、老後は楽しみにお金を使いたい…

妻はずっと家計簿を付けており、毎月の家計は数千円の黒字。教育費と住宅ローンの完済まで貯蓄は大幅に減り、今は300万円弱しかありません。これから支出が減るし、再雇用で仕事を続ける予定です。退職金も2000万円ほど出る見込みなので、老後資金は十分にあると考えています。年金は定期便を見ていると、夫婦計で320万円はもらえそうで、生活基盤は問題ないと判断。そろそろ楽しみにお金を使ってもよいのではないか、と考えています。

しかし現実はそう甘くありません。毎月の支出が多く、「メタボ家計」になっているのが問題です。息子が家を離れるからと言って、どこまで支出を削減できるか疑問です。必要があれば無計画に貯蓄を使ってしまう傾向も心配です。「これから楽しみにお金を使っていいですよ」と言うと、予算以上にお金を使い、老後資金を減らしてしまいかねません。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL