時計

ボーム&メルシエ、独自駆動装置でさらなる高みめざす ジョフロワ・レフェーヴルCEOに聞く

2019/2/3

ボーム&メルシエのジョフロワ・レフェーヴルCEO

パワーリザーブ(連続駆動時間)120時間を誇る独自の機械式ムーブメント(駆動装置)「ボーマティック」を2018年に投入したスイス高級時計ブランド「ボーム&メルシエ」。1830年創業の老舗は新しい武器をどう展開していくのか。同じリシュモングループの高級時計ブランド「ジャガー・ルクルト」から18年、ボーム&メルシエに転じて最高経営責任者(CEO)に就いたジョフロワ・レフェーヴル氏に19年の新作と戦略について聞いた。

関連記事:ボーム&メルシエ、最新版ムーブメント搭載の新モデル




――新作の特徴を教えてください。

「18年に『ボーマティック』を投入しました。とても新しいムーブメントで、この1年で我が社のDNAともいえる存在となりました。特に日本では大変大きな反響を得ています。19年の新作の柱は3つ。『クリフトン・ボーマティック』と『クラシマ レディス』、そして男性向けの『クラシマ』です」

■ボーマティックでさらなる複雑時計

「クリフトン・ボーマティックでは、ブルーダイヤル(文字盤)とレッドゴールド製ケースのモデルを加えました。そして、ボーマティックを使った複雑機構『パーペクチャルカレンダー(永久カレンダー)』搭載モデルを投入しました。ボーマティックは我が社の技術的な基盤であり、将来、これを使ったさらなる複雑時計を発表したいというメッセージを込めました」

クリフトン ボーマティック パーペチュアル カレンダー M0A10470 駆動装置:機械式自動巻、パワーリザーブ120時間 ケース:直径42mm、18Kレッドゴールド製、50m防水 予定価格:税別259万円   

「ブルーダイヤルの新作は、文字盤の中心がブルーで端にいくほど黒みを帯びるグラデーションを施しました。ケース直径40ミリメートルのサイズでベルトはレザーストラップとブレスレットを用意、それぞれCOSC(コスク、スイス公式クロノメーター検定所)認定取得の有無に応じて価格帯を変えて投入します」

クリフトン ボーマティック ブルーダイヤル M0A10510 駆動装置:機械式自動巻、パワーリザーブ5日間 ケース:ステンレススチール、直径40mm、50m防水 予定価格:税別27万5000円

Watch Special 2019

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2019」ではSIHHやバーゼルワールドといった国際時計見本市で発表された新作腕時計レポートに加え、今年のトレンドやビジネスマンに向けた腕時計の基礎講座など幅広いコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2019はこちら

Latest