優しげで上品なカラーを軸に、リラックスした着こなしを

色のトレンドは、アクティブやフェミニンを軸に据えながらも、くど過ぎないトーンが主役になりそうだ。春先からのヒットが見込まれているのは、アイシーなパステルカラー。淡いピンクやブルー、パープルなどが有望視されている。ただし、甘いムードのパステルではなく、トーンを落としたりくすませたりした「大人パステル」がこの春夏のトレンドだ。夏に向けてはブルーやレッド、グリーンも加わる。

ESTNATION 2019年春夏コレクション
Theory luxe 2019年春夏コレクション
Ron Herman 2019年春夏コレクション
GALLARDAGALANTE 2019年春夏コレクション

お仕事ルックに使いやすそうな色としては砂漠を思わせるサンドカラー(アースカラー)が挙げられる。ベージュはもともとファンの多い色だが、キャメルやクリームなどの近い色味も含めて、「カフェラテ」トーンでまとめるコーディネートはオフィスでも浮きにくい。ホワイトルックが人気を呼んだ白も勢いが続きそう。レースやチュールを交えて、リラックスした優しげムードでまとうのが、新しいアレンジだ。

パープルをぐっと薄くしたライラックは主張が控えめでも華やぎを帯びる。やや色あせたスモーキートーンは懐かしげな表情で、トレンドのレトロ系コーデになじませやすい。一方、工業的ムードやケミカル感を印象付けるネオンカラーを投入すれば、未来イメージや元気感を漂わせやすくなる。

装いは「約束事」から自由に

シーンや季節、性別など、これまでファッションの「約束事」とされてきた事柄を、軽やかに踏み超えるような装いが支持されそうな2019年春夏。程よく主張を帯びた色や柄を、自分好みのテイストで自在にミックスするコーデが「おしゃれの楽しさ」を実感させてくれるはずだ。

宮田理江
ファッションジャーナリスト、ファッションディレクター。多彩なメディアでランウェイリポートからトレンド情報、スタイリング指南などを発信。バイヤー、プレスなど業界経験を生かした、「買う側・着る側の気持ち」に目配りした解説が好評。自らのテレビ通版ブランドもプロデュース。セミナーやイベント出演も多い。 著書に「おしゃれの近道」「もっとおしゃれの近道」(ともに、学研パブリッシング)がある。

[nikkei WOMAN Online 2018年12月25日付記事を再構成]

注目記事