powered by 大人のレストランガイド

シャンパンにも「ゼロ」 温暖化でブドウの糖度アップ

缶チューハイや缶ビールならぬシャンパンの世界でも「ゼロ」がはやっている その心は?
缶チューハイや缶ビールならぬシャンパンの世界でも「ゼロ」がはやっている その心は?

缶チューハイや缶ビールの世界では「(糖質)ゼロ」という言葉を耳にするようになって久しいが、スパークリングワインの王者シャンパンの世界でも近年「ゼロ」と称されるジャンルの酒に注目が集まっている。「ドザージュ・ゼロ」と呼ばれるものだ。

シャンパンは通常のワイン(スティルワイン)とは異なり、醸造工程の最後にショ糖をワインに溶かしたものなど「門出のリキュール」を添加してから打栓をする。この加糖によって、超辛口から甘口までそれぞれのワインのスタイルが決定づけられるというわけだ。

ちなみにシャンパンは瓶内で2次発酵させることで知られていて、先の作業より前、瓶詰の際にも酵母と共に加糖をする。これはスタイルを決めるのではなく、新たなアルコールや炭酸ガスを発生させ、きめ細やかな泡をワインに溶け込ませるものだ。

さて、「ドザージュ」と呼ばれるスタイル決めの作業に使われる糖分の量は、最も甘口の「ドゥー」で1リットル当たり50グラム以上。そして長らく一番の辛口は「エクストラ・ブリュット」(同0~6グラム)と呼ばれるスタイルだった。ところが、最近全くドザージュを行わない「ドザージュ・ゼロ」(ブリュット・ナチュールなどとも呼ばれる)というスタイルのワインが徐々に増えているのだ。

背景にあるのは、地球の温暖化だ。

シャンパンの製造で知られるフランス北部シャンパーニュ地方は北緯48~49.5度と北海道より北に位置している。ブドウの糖度が上がりにくい冷涼で厳しい気候の地域だ。ところが、温暖化によりブドウの品質が変わり果実の糖度が上昇、ドザージュせずとも各メゾン(シャンパーニュ地方ではシャンパンの生産者をこう呼ぶ)が求めるワインのスタイルを作れるようになったというわけ。

「伝統的には9月半ばころにブドウを収穫するのですが、温暖化で前倒しになる傾向にあります。例えば、2018年はビッグビンテージ(当たり年)になるだろうと言われた年ですが、成熟が早く進み異例の8月中の収穫でした」とシャンパーニュ委員会日本事務局の笹本由香里さんは説明する。

ドザージュ・ゼロのシャンパンが増え始めている理由は、ほかにもある。ほかの国々で作られるスパークリングワインとの差別化を図るためだ。「シャンパーニュには他国にはないこの土地ならではのテロワール(土壌などブドウを育てる環境)があります。世代交代で造り手が若返る中、ドザージュをしないことでそこに表れる自然のままのテロワールを表現したいと考えるメゾンが増えているのでしょう」(笹本さん)。

1906年創業のメゾン、ラリエはベースとなるワインは同じでドザージュだけを変えた3種のシャンパンを造る そのうちの1つはドザージュ・ゼロのシャンパン(写真)だ

人の手を加えない、ブドウそのものの自然な味わいを求める傾向は消費者側にもある。毎年11月伊勢丹新宿店で開催されるシャンパンに特化した催事「ノエル・ア・ラ・モード」は最新トレンドを反映した注目イベントだが、ここでもドザージュ・ゼロに人気が出ているという。

エコであることやサステナブルな製品への関心が高まる時代の流れの中、ブドウそのものの自然な味わいを楽しみたい客が増えているのだ。先日ふらりと入った家電量販店のワインコーナーにも「最先端」のドザージュ・ゼロのシャンパンが並んでいたのには驚いた。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド