MONO TRENDY

デジタルライフ

スマホで魚眼やマクロ写真 外付けレンズの魅力 三井公一のスマホ写真術(第10回)

2019/2/6

ドンドンと進化するスマートフォン。2018年は複数の焦点距離を持つカメラを搭載する機種も増加した。今回はケースと一体型になった外付け型のレンズ「ShiftCam」を紹介する。スライド式のレンズを備え、魚眼やマクロなど写る範囲をスムーズに変えての撮影が楽しめるのが魅力だ。

ShiftCamを装着したiPhone X。6つのレンズを備えるが通常のケースとほとんど変わらない外観となる

ケース自体は一般的なものとほとんど変わらないが、レンズ開口部にスライド式の「Travel Lens Set」を装着できるところが特徴だ。写真のiPhone X用の場合、上段左から「120°広角レンズ」、「180°魚眼レンズ」、「10倍マクロレンズ」、下段が左から「2倍望遠レンズ」、もうひとつ「2倍望遠レンズ」、「20倍マクロレンズ」となっている。レンズのスライドと、iPhone側での本体のレンズ選択(iPhone Xでは上が標準レンズで下が望遠レンズ)でレンズを使い分けられる。レンズ部分をスライドさせるだけで簡単に好みの画角を得られるのだ。まるで複数のカメラを持つ機種のようにスムーズに撮影が楽しめるのである。

スライド式の「Travel Lens Set」を装着。上段左から「120°広角レンズ」、「180°魚眼レンズ」、「10倍マクロレンズ」、下段が左から「2倍望遠レンズ」、もうひとつ「2倍望遠レンズ」、「20倍マクロレンズ」となっている

100円ショップなどで売られている安価なクリップ式レンズも存在するが、レンズの中心同士を確実に合わせないとキチンと写らないのでキレイに撮るのは意外と難しい。こちらはケースにレンズを確実にマウントしており、クリック感があるスライド式を採用しているので、そういった心配も無用だ。脱着の手間もないし画質も高い。何といっても手軽である。

Pro Lensシリーズの「マクロレンズ」をつけたところ。半透明のフードで接写時も被写体が暗くならない

また「Travel Lens Set」を外して、別売りの高性能レンズ「Pro Lens」シリーズを使うこともできる。ぜいたくな光学レンズを使用した「広角レンズ」、「望遠レンズ」、「望遠マクロレンズ」、「マクロレンズ」、「魚眼レンズ」がラインアップされており、スライド式なのでケースへの脱着も容易なのも変わらない。

レンズが付いたケースはほかにもあるが、これだけスリムで6つレンズが使える上、プロ向けのレンズもあり、プロの目から見て納得できる製品はこれくらいしかない。

システムでさまざまなレンズを楽しめる「ShiftCam」。機種変更をせずに手持ちのiPhoneに装着するだけで撮影領域が拡がるのが素晴らしい。

次ページで、ShiftCamを使った作例を紹介する。

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL