ソフトバンク新CM 豪華キャストと音楽の力で好発進2019年1月前期 CM好感度月間ランキング

日経エンタテインメント!

CM総合研究所が発表する1月前期の銘柄別CM好感度ランキングで、ソフトバンクが3位にランクイン。1月1日から始まった広瀬すず、エレファントカシマシの宮本浩次、田中圭、吉沢亮、清原果耶を新たに起用した新シリーズがけん引し、10~30代男女の支持を得た。今までのソフトバンクのCMとは一味違う、かっこよさやインパクトが反響を呼び、企業イメージの刷新効果も表れている。

ソフトバンクの新シリーズCM「しばられるな」編に出演している広瀬すず
CM総合研究所調べ

新シリーズCMを手がけた電通エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター/CMプランナーの澤本嘉光氏は「今年のソフトバンクは『音楽』をテーマに、様々なアーティストとコラボレーションしていきます」と宣言。第1弾の「しばられるな」編では、活動を再開したいきものがかりがCMのために書き下ろした新曲『WE DO』にのせて、ガラスや壁を壊しながら進む広瀬すず、ギターを背負った野武士姿の宮本浩次、宙に浮き空を飛ぶ田中圭、多国籍の人々の間を縫うように歩く吉沢亮、制服姿で駆け出す清原果耶が描かれる。演奏するいきものがかりの姿も映る。

音楽に着目したのは、「今は動画を見ながら音楽を聴いている人も多く、良い音楽は人の心を動かす力を持っているから」(澤本氏、以下同)。そのため、CMの最後に出る企業ロゴは音符をイメージしたものに変わっている。最終的には、スマホの大きな課題である速度制限にしばられず、音楽コンテンツを存分に楽しんでほしいという思いもあるという。

新シリーズには企業イメージを刷新する狙いもある。「『ソフトバンクは、良い意味で“常識を裏切る”企業だ』ということをもう一度言葉にしたいと思い、『しばられるな』というコピーで、常識や既成概念にとらわれない結末に向かうストーリーを作りました。これまでのソフトバンクのCMは、楽しさであったり、安心感であったりというイメージを表現できていたと思います。ただ、特に若い人にとっては、ソフトバンクが常にチャレンジングな企業であるということや、本当の“ソフトバンクらしさ”というものが分かりにくくなっているのかもしれないということを最近感じていました。音楽を軸にして、CM自体も自由な発想で、しばられないものを作ることで、ポジティブな意味でのやんちゃな姿、クールなイメージをもう一度押し出していきたいと考えました」