桐谷さん「株価下落は悲観せず。買い進めています」

日経マネー

ただ注意点もある、と桐谷さん。異常に優待・配当の利回りが高い銘柄の中には「危ない」ものもある。以前、桐谷さんは利回りが高かった北の家族に投資。だが間もなく上場廃止となり、これも手痛い経験として記憶に残っている。一方で、コロワイド(東1・7616)のように、株価が300円台まで下がり優待利回りは20%に上昇した銘柄が、株価3000円台まで回復することもある。

「つまりね、高利回りだからといって一つの銘柄に絞らないことです。中には潰れる会社もあります。できれば5銘柄10銘柄と分散投資しておく。そうすれば1社潰れてもトータルで利益が出るんです」。波乱の今、苦い経験の上に生まれた言葉をかみ締めたい。

2月の権利確定銘柄

では最後に、ブログ「株主総会お土産日記」が人気の株主優待好き主婦投資家mtips氏が厳選した「2019年2月に入手できるお得銘柄」を紹介しよう。19年2月中に割当基準日を迎える銘柄だ(なお、19年2月末が割当基準日の場合、優待を得るための最終売買日は、2月25日になる)。銘柄選択の際の参考にしてほしい。

注:2019年1月7日時点。売買単位は全て100株。同内容の優待が年2回ある場合、1回分の内容を表記。利回りの──は算出不能を示す

(日経マネー 佐藤由紀子)

[日経マネー2019年3月号の記事を再構成]

日経マネー 2019年 3 月号

著者 : 日経マネー編集部
出版 : 日経BP社
価格 : 750円 (税込み)


今こそ始める学び特集