起業家は視座上げよ スタートアップ道場主の投資基準エンジェル投資家の千葉功太郎氏に聞く

――経営者としての経験がエンジェル投資家の活動にも生きていますか。

「コロプラと、その前のKLabでもナンバー2のポジションでした。最高経営責任者(CEO)を支えるところに生きがいを見いだしたんですね。天職といってもいい。起業家を応援するのにも喜びを感じるんです。千葉道場でも私が上の立場で教えるのではなくて、大勢の起業家をサポートするナンバー2という感覚です。彼ら彼女らが目指す未来を実現できるようにお手伝いしたい」

若い起業家は万能主義を捨てよ

千葉道場は日本のスタートアップの底上げをめざす=Masanori Sugiura 提供

――若い起業家にはどんなアドバイスをしていますか。

「よく20代、30代の起業家が陥りがちなのが、万能にならなくちゃいけないと思い込むことです。ファイナンスもできてマネジメントもできて経営戦略も考えられる、プレゼンもうまい。そんな人間はいません。自分の得意なこと、やりたくないことを自己認識したうえで、自分とは逆のタイプの相方を見つけて権限委譲していくことが必要です」

「私も苦手なものがあって、それはマネジメント。ですから得意な人間に任せます。私は遠洋漁業のように、とにかく遠くに冒険に行かせてもらって、大きな魚をとってくるという役回りです」

――最近は好景気を背景にベンチャーキャピタル(VC)による投資が活発で、学生でも簡単に資金を集めて起業できている傾向があります。

「日本には今までそれがなさすぎたので、いいんじゃないでしょうか。VCに加えて、大手企業がスタートアップへの資金提供を目的に設立したコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)の参入によって投資額は急増しています。目利き力が途上の人たちが新規参入しているので、企業価値の評価が高すぎたり低すぎたりする面はありますが、いずれ安定していくと思います」

「それよりも重要なことは資金量全体が増えることと、投資家が増えること。やっぱり資金のボリュームがないと起業家は生まれにくく、未来のユニコーンも生まれない。投資家の裾野が広がれば、日本全体のスタートアップが底上げされていきます」

「千葉道場もその一端になれればと思っていますが、私一人でできることはたかが知れています。今80社に投資していますが、1000社を一人で見ることはできません。でも私が支援してきたトッププレーヤーたちが100社ずつ応援していけば、すごい力になりますよね」

(聞き手は安田亜紀代)

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR