WOMAN SMART

キャリア

バリキャリほど悩む 自分の価値を見極める4ステップ

2019/1/31

会社の看板に頼らない「自分の実力」を見極めるには、どうしたらいい?(イラストはイメージ=PIXTA)

働き方改革のコンサルティングを行っている池田千恵さんが、「ポータブルスキル(持ち歩き可能な、どこでも通用するスキル)」を磨く方法を指南します。今回は、今の職場での実績が会社外で通用するか分からないという人に、あなたの価値を一般的なものとして商品化する方法を指南します。

■会社で結果を出している人ほど「キャリアのモヤモヤ」を抱えている

私は2008年に独立して以来10年間、「じぶん商品化」(=「自分の価値がここにあるのではないかな」と仮説を立て、パッケージ化し、値付けして販売しながら試行錯誤を繰り返すことで、どこででも通用するスキルを磨くこと)をしながら仕事を続けています。このため、いつのまにか多くの人のキャリア相談に乗ってきました。当初キャリア相談では「今の会社で結果を出すことができないから他に生きがいを見つけよう」という、いわゆる「逃げ」のキャリアの人が多いのかな、と思っていましたが、結果はそうではありませんでした。

会社の赤字をV字回復させたという人や、会社という環境を最大限に生かし、仕事を通じて夢をかなえているように見えている人のほうが、むしろ心に深刻なモヤモヤを抱えていたのです。

●今の職場ではある程度結果を出してきたので新しい環境に身を置いてみたい。でも、いきなり独立とか、転職というのもちょっと違う気がするし、希望して新しい部署に異動できるかも分からない。もしかしたら結果がでたのは「たまたま」だったり、「会社の看板」のおかげだったりなのかもしれない。
●個人としての私に何ができるかを、今いる環境を維持したまま試してみたい、でも具体的に何をどこから始めたらいいのかが分からない。
●会社の実績を自分の副業として商売するのは守秘義務や会社への仁義から気が引ける。

じゃあ自分はどうしたらいいの? というところでぐるぐるモヤモヤとしている人が多かったのです。特に仕事で結果を出している場合、「周囲に打ち明けると自慢のように聞こえるかもしれない」という心配もあり、本気で悩んでいるのに誰にも相談できずに行き詰まっている事例が多いことに気付きました。

会社員を長く続けていると、仕事内容が多岐にわたるのに加え、月収・年収で仕事を受けているため、自分のしていることが果たしていくらの価値となるのかを判断するのは難しいのです。どこからが会社の力で、どこまでが自分の力なのか? ということは会社員のうちは分かりにくいものです。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL