WOMAN SMART

鈴木ともみの気になるハナシ

常盤貴子さん リセットする勇気と自ら磨いた演技力

2019/2/1

早いもので、2019年1月期のドラマがスタートして約1ヵ月が過ぎました。最近のドラマの傾向として、弁護士の活躍を描いたものが多いように思います。今期の作品の中でも、放送前から注目を集めたのは常盤貴子さんが17年ぶりに民放連続ドラマへ主演することになった『日曜劇場 グッドワイフ』です。

■「連ドラの女王」は自ら方向転換

(イラスト:川崎タカオ)

常盤さんの「日曜劇場」への主演は、最終回の平均視聴率41.3%を記録した「ビューティフルライフ」(2000年)以来、19年ぶりとなります。常盤さんが演じる主人公も16年ぶりに弁護士へ復帰する主婦という役柄で、常盤さん自身もドラマをPRする番組の中で『(連ドラに久しぶりに挑戦するという意味では)似たような境遇にあると言えるのかもしれません』と語っていました。

常盤さんといえば、かつて主演ドラマが次々にヒット、1990年代には「連ドラの女王」と呼ばれていた時代がありました。96年春から97年夏までの期間は、5作連続でドラマの主演を務め、コメディーからシリアスな役柄までを多様に演じ分け、かつ全てのドラマがヒットしています。まさしく「連ドラの女王」にふさわしい活躍でした。

ですが、ある時期から常盤さんの姿を連続ドラマの世界では見かけなくなりました。

その理由について、常盤さんは3年前のトーク番組の中で、「これ以上連続ドラマを続けると自分はロボットのようになってしまうので、このままのペースでやるんだったら私は事務所を辞めます、と事務所に申し出たんです。(中略)社長に『何をやりたいんだ?』と聞かれたので『映画をやってみたい。レスリー・チャンさんとやってみたい』と打ち明けました」と話しています。

そして、香港の俳優レスリー・チャンとの共演を果たした映画『もういちど逢いたくて 星月童話』(1999年公開)に出演することになったのだそうです。

その後の常盤さんは、主な活動の場をテレビの世界から、映画・舞台へとシフトし、演技の鍛錬を積む道を進んでいきます。その結果として、04年には映画「赤い月」で第28回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。

こうして常盤さんの女優としてのキャリアをたどると、自らの意志で「連ドラの女王」という輝かしい地位を手放し、新たな地位を築いたことがわかります。そして常盤さんのキャリアは、テレビで今一度大きく花開く時を迎えているのです。

■どんな仕事でも学び直しが重要

女優というお仕事は、このようにわかりやすい形でキャリアの変遷が見えるものですが、おそらくどの職種や業務においても、日々の仕事に惰性と閉塞感を覚えるタイミングはやってくるものです。

ビジネスの現場においては、このままでは自分自身を消耗するだけになってしまい、何かを得ている実感がない……そう感じてしまう時もあることでしょう。

そうなった時に、常盤さんのように輝かしい立場を一旦捨てて、リセットと自己生成のために新たな鍛錬のために長く時間を費やすことは、かなり勇気のいることです。一般のビジネスパーソンにはなかなかできることではありません。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL