マネーコラム

Money&Investment

スマホ決済、コード型で選択肢拡大 ポイント還元競う 不正利用に備えを

2019/1/27

写真はイメージ=PIXTA

筧家の休日の昼下がり。ダイニングテーブルでは満が忙しそうにスマートフォン(スマホ)を操作し、そばで幸子が時折、アドバイスしています。テーブルには満がお正月にもらったお年玉袋が大事そうに置いてあります。その様子を見ていた良男が話しかけました。

筧(かけい)家の家族構成
筧幸子(48)良男の妻。ファイナンシャルプランナーの資格を持つ。
筧良男(52)機械メーカー勤務。家計や資産運用は基本的に妻任せ。
筧恵(25)娘。旅行会社に勤める社会人3年目。
筧満(15)息子。投資を勉強しながらジュニアNISAで運用中。

筧良男 さっきから、何を熱心にやっているんだ?

筧満 お年玉を有効に使いたいから、どのスマホ決済サービスがいいか調べているんだ。

良男 スマホで買い物ができるんだよな。「ペイペイ」だっけ? 昨年末に話題になったよね。未成年も使えるの?

筧幸子 未成年でも利用できるサービスはあるわ。スマホ決済は大きく分けて2種類あるの。1つは「非接触型」などと呼ぶ、スマホ内蔵のICチップを使って支払うもの。「アップルペイ」などが有名ね。もっとも、このタイプは日本ではスマホが普及していない約15年前の「ガラケー」の時代からあったわ。一方、最近話題になっているのが「コード型」と呼ばれるもの。バーコードやQRコードを使うもので、「ペイペイ」はこちらのタイプよ。

マネーコラム 新着記事

ALL CHANNEL