ヘルスUP

日経Gooday 30+

TRF SAMさん 「80歳女性もダンス楽しむ世の中に」 カリスマダンサーの体マネジメント術(下)

日経Gooday

2019/2/11

写真提供=一般社団法人「ダレデモダンス」
日経Gooday(グッデイ)

50代後半の今もステージ上でキレキレのダンスを披露するTRFのSAMさんは、現在、医療従事者の監修のもと、高齢者向けのダンスプログラムやストレッチなどを考案し、心臓疾患の患者のリハビリとして展開したり、全国各地で広めたりしている。健康寿命とダンスの親和性を訴える彼は、今後、ダンスでどのような展望を考えているのか。

■高齢者向けダンスプログラムはどう生まれた?

――ダンサーとして活躍されてきたSAMさんが、健康寿命とストレッチやダンスの重要性を意識し始めたきっかけは何ですか?

医師免許と弁護士の資格を持ち、参議院議員として活動するいとこがいるのですが、10年ほど前、彼が僕に高齢者向けのダンスを作ってほしいと言ったことがあるんですよ。国会議員も運動不足な人が多いから、忙しい彼らでも手軽にできるようなダンスがあればいいなとも……。その話が頭の隅にずっとありました。

TRFが20周年を迎えた2012年に「TRF イージー・ドゥ・ダンササイズ」というエクササイズDVDを発売したのですが、予想以上の大きな反響で、「ああ、世の中の人はこうしたものを欲していたんだな」と僕たちも驚いたんです。じゃあ次は高齢者向けのダンスプログラムを作ろうと思ったのが、健康寿命とストレッチやダンスの重要性が結びついたきっかけです。どうせやるなら真剣にやろうと、「ダレデモダンス」という社団法人を立ち上げ、様々な人に協力してもらい、高齢者向けのプログラムを作りました。

写真提供=一般社団法人「ダレデモダンス」

■「楽しさ」を大切に

――SAMさんが踊っているような激しいダンスと高齢者は、一見両極に位置するようにも思いますが、どのような点を心がけてプログラムを作られたのでしょうか。

対象が高齢者なので、まずダンスに関する知識がないことを前提に誰でもできるような動きを考えました。そして医師や理学療法士の監修のもと、やった方がいい動きや、やってはいけない動きなどを考えて、安全性や運動性をバランスよく配慮しながら構成していきました。

踊りやすいようにテンポも落としています。例えば、「BOY MEETS GIRL」ならBPM(1分間の拍数。BPMはBeats Per Minuteの略)が135ぐらいですが、120ぐらいまでに落とすなど……。僕らの曲を聞くのが初めての高齢者の方々も多いのですが、「この曲いいわ」「この曲で踊りたい」と言ってくださるのが、新鮮でうれしいですね。

ヘルスUP 新着記事

ALL CHANNEL