箱根駅伝の舞台裏 青学フィジカルトレーナーの戦い選手の「個性」に合わせてきめ細かくサポート

日経Gooday

青山学院大は残念ながら5連覇を逃した。写真は平塚中継所で7区の林(左)からたすきを受け取る8区の飯田(代表撮影)=共同
青山学院大は残念ながら5連覇を逃した。写真は平塚中継所で7区の林(左)からたすきを受け取る8区の飯田(代表撮影)=共同
日経Gooday(グッデイ)

2019年1月の箱根駅伝では熱い名勝負が繰り広げられた。注目された青山学院大学は、5連覇をかけて臨んだものの、惜しくも総合2位に終わった。そこで、2014年から青学駅伝チームのフィジカル強化指導を担当している中野ジェームズ修一さんに、その舞台裏について聞いた。

◇  ◇  ◇

フィジカルトレーナーの仕事は、選手のフィジカル面を強化することで、競技力の向上や、けがの予防を図ることにある。中野さんは、元卓球選手の福原愛さんや、バドミントンの藤井瑞希選手を担当したり、テニスの伊達公子さんの復帰をサポートしたほか、2014年からは青学駅伝チームのフィジカル強化を指導している。つまり、箱根駅伝4連覇を成し遂げた青学の陰の立役者でもあるのだ。

「テレビの中継などで、選手にマッサージやストレッチを施しているトレーナーの姿を見たことがあるでしょう。一般の方からすると、トレーナーというとそのようなイメージが強いかもしれません。でも実は、どの選手にも同じように必ずマッサージをしているわけではないのです」

箱根駅伝などの大きな大会の舞台裏では、トレーナー側の実に細かな心配りがあるのだという。

「選手によっては、なるべくギリギリまでマッサージをしてもらいたいという人もいれば、大会2日前になったら一切、体には触らないでほしいという人もいます。トレーナーは、事前に希望を聞いておいて、選手のやりやすいようにサポートするのが鉄則です」

中野さんは、選手のそうした「個性」の違いに毎回驚くという。

「筋肉に刺激を入れて、ある程度張りを持たせてほしいという選手もいれば、逆に筋肉を柔らかくしておいてほしい人もいます。メンタル面でも、直前まで誰かと試合とは関係のない話をしてリラックスしたいという人もいれば、本番数時間前から誰とも話したくない、一人にしてほしいという選手もいるんです」

大舞台で力を発揮できるかどうかは、選手が自分の心身についてどれだけ把握しているかも大きくかかわってくる。一流の選手ほど、トレーナーに対してどのようにサポートしてほしいのか具体的にリクエストできるのだろう。

トレーナーにもある「誰が何区を担当するか」問題

駅伝のようなチームスポーツでは、選手の数が多くなるため、トレーナー側も複数の人がチームを組んで対応する。箱根駅伝の場合、選手の数は補欠登録も含めて16人にも上る。となると、トレーナーも一人で複数の選手を担当することになる。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント