ライフコラム

旭山動物園、坂東元の伝える命

亥年に思わぬ豚コレラ、無邪気に瓜坊を見られない

2019/2/3

イボイノシシのドゥニア(オス3才)。顔にはいぼと立派な牙があります。(桜井省司撮影、提供:株式会社LEGION)

ちょっと遅い挨拶になります。昨年中はこのコラムを通して旭山動物園の思いを伝えさせていただきありがとうございました。今年もよろしくお願いいたします。

■ニホンイノシシで豚コレラ発生

今年は亥(い)年です。今年は何かと瓜坊(うりぼう)がもてはやされるのかと微妙な気持ちでいたのですが、昨年、26年ぶりに岐阜県で豚コレラが発生してしまいました。しかも家畜のブタ(原種はイノシシ)だけではなく野生のニホンイノシシでも感染が確認され、その拡大が懸念される状況です。日本では今まで奇跡的に豚コレラをはじめ狂犬病も口蹄疫(こうていえき)も在来種の野生動物には感染せず人為的な環境だけでの問題として解決できていました(※高病原性鳥インフルエンザは渡り鳥に起因する季節流行である点で異質であり、日本に常在化の確証はない)。

身近な野生動物の中で一年中病原体が維持される状況になってしまうと、養豚の現場では今までの防疫体制を抜本的に見直さなければならない事態となります。豚コレラウイルスの感染ルートは、ヒトのインフルエンザと同じようにウイルスが付着したものが媒介したなど様々なルートが考えられます。とてもやっかいです。ニホンイノシシは生息密度が低いですが、養豚場では都会の巨大ビルの人口密度以上にブタが密集していますから、1頭が感染した場合の感染の拡大や被害は爆発的、壊滅的なものになります。もちろん二ホンイノシシにも重大な影響が生じる事態も想定されます。ワクチンの使用再開も視野に入れた対策を行うことになるのでしょうが、日本は豚コレラ清浄国ではなくなってしまいます。

こども牧場では家畜のブタを2頭飼育しています。(桜井省司撮影、提供:株式会社LEGION)

いずれにせよニホンイノシシは現在でも害獣として問題視されていますが、さらに寄せない、触れない、関わらない方向になるのは間違いないでしょう。私たちの感覚の中で自然がまた一段と遠ざかるような感覚を抱いてしまいます。亥年だからと無邪気に瓜坊を見ることができない年になってしまいました。ちなみに北海道にはニホンイノシシは生息していません。

そもそも「なぜ豚コレラが感染したのか」なのですが、ニホンイノシシが先に感染し、イノシシの間で感染が拡大し、養豚場のブタに感染したと推察されています。ニホンイノシシは海外の観光客が持ち込んだウイルスに汚染された豚肉などの食材を何らかのルートで食べたことが感染の原因ではないかと強く疑われています。

気を取り直して旭山動物園の干支(えと)の動物紹介です。旭山動物園にはかば館にイボイノシシ、こども牧場にはイノシシを原種とする家畜のブタを飼育展示しています。イボイノシシはアフリカの草原の代表動物として、皆さんにはライオンキングのプンバァと言うとピンとくるかもしれませんね。ブタは言わずもがな「いただきます」の意味を感じてほしいと飼育しています。

<次ページにイボイノシシの映像>

ライフコラム 新着記事

ALL CHANNEL