超大型化と「巻き取り式」の衝撃 テレビはどこへ行く西田宗千佳のデジタル未来図

ソニーの「BRAVIA MASTER Series Z9G」。98型ととにかく大きいが、画質面でも過去最高の製品になっている。価格・出荷時期は未公表
ソニーの「BRAVIA MASTER Series Z9G」。98型ととにかく大きいが、画質面でも過去最高の製品になっている。価格・出荷時期は未公表

2019年1月に米ラスベガスで開催された「CES 2019」の主役のひとつがテレビだったことは間違いない。有力メーカーがこぞって超大型の8Kテレビを展示。大型化の動きが止まらないなか、巻き取り式テレビ(詳細は動画で紹介)という非常にユニークなテレビも登場した。

「8Kの超大型テレビ」がCESで続々登場

実は海外での「8K」の位置づけと日本での「8K」の位置づけには若干違う点もある。日本では、18年12月1日から「新4K8K放送」がスタートし、「8K」でより映像が細かく見えることが注目されている。だが、米国など海外では「8K」は大画面化の道具として脚光を浴びるているのだ。

CESで「8Kテレビ」を展示したのは、現在世界市場で、テレビのトップブランドのサムスン電子・LG電子・ソニーの3社。そして、ハイセンス・ハイアールといった中国系である。

特徴はとにかく「大きい」ことだ。ソニーが展示した8Kテレビ「BRAVIA MASTER Series Z9G」は、85型と98型という大型サイズ。LGが展示した8Kテレビも、88型・98型といったサイズだった。

LGが展示した8Kの有機ELテレビ。このほかにも液晶のラインアップも展示し、「超大型モデル」を多数公開した

テレビの重要な市場である米国では、2018年以降、テレビの大型化が進んでいる。ソニーなどの調べによれば、2018年には75型以上のテレビの売り上げが急速に伸び、前年比で2倍となっているという。もともと数がたくさん売れていたわけではないのだが、それでも、2倍という数字はインパクトがある。1台数十万円以上するため、収益に与える影響は大きい。

テレビの「超大型化」が進んだ理由は、薄型テレビ自身の定着と製造技術の世代交代、という側面が大きい。ソニーでテレビの商品企画責任者を務めるソニービジュアルプロダクツ・企画マーケティング部門・部門長の長尾和芳氏は、「10.5世代[注]の液晶工場が稼働してくると、プレミアムとしての中心は65/75型になってきます。55型はかなりコモディティー化する」と説明する。住空間に余裕がある米国の家庭の場合、50型クラスもさほど大きな製品ではなくなっている。「プレミアムラインでは75型以上を」とテレビメーカーが考えるのも無理はない。

[注]2940×3370mm程度の大型のガラス基板。65インチ液晶であれば1つから8枚取れる。

実は「8K」ではなく「超大型化」が軸

一方で、「8K」という解像度については、各社ともそれほど重視していない。8K解像度のコンテンツがほとんどないからだ。日本ではNHKが放送を始めたものの、他国では8K放送だけでなく、8Kでの「ネット配信」すら計画しているところはない。前出の長尾氏も「8Kを声高に主張するつもりはない」という。テレビメーカーが考えているのは、あくまで超大型テレビの市場なのだ。

ただ、それでも8Kにするメリットはある。4Kのコンテンツを「超解像」技術を使って表示すれば、見た目の解像感が上げるからだ。一見ごまかしのように感じるかもしれないがそうではない。このアプローチは2Kから4Kへの移行時にも使われて成功した。

MONO TRENDY連載記事一覧