トラベル

九州 味めぐり

海鮮自慢の食堂、ホークスファンが愛す親子鷹 福岡 海鮮食堂 い志い

日本経済新聞西部夕刊

2019/1/24

ソフトバンクホークスの本拠地、ヤフオクドーム(福岡市中央区)からほど近い、唐人町。27年前から、ここで球団関係者やファンらに愛されている店だ。

イラスト・広野司

古民家のような店構え。入り口には鮮魚市場への「入場証」が掲げられている。店主の石井孝●(きへんに戈)(こうさい)さんは仲買の免許を持ち、「その日最高のネタを安く出すことには自信がある」。

まずは「地サバごま和え」。長崎・五島で一本釣りされたものを厚切りに。「切り方ひとつで味も変わるから」と石井さん。続いてお任せの刺し身は8点盛り。脂が乗った対馬の穴子は酢ネギを巻いていただく。ねっとりとしたトロは舌の上でとけ、岩ダコは塩でぷちぷちとした食感が楽しめる。創業時からの定番、薄皮の蒸しシューマイも外せない。エソのすり身をたっぷり使い、魚のうまみが口いっぱいに広がる。刺し身、薩摩揚げ、蒸しシューマイのお得な「いろはセット」(2人前、3800円)もある。

33歳で自分の店を構えた。板場を16年間共にする次男の政鷹さんに、そろそろ代替わりを考えている。数年前に加えた鉄板焼きのメニューは政鷹さんのアイデアで、「若い発想で楽しくやってほしい」と温かく見守っている。

ネタが売り切れれば店を閉めるから、ソフトバンクの試合を見た後、訪れるなら電話を入れておくのがおすすめだ。

(今堀祥和)

〈いしい〉福岡市中央区唐人町3の5の2 電話092・732・5758

九州 味めぐり」では食べ歩きが大好きな地元在住のライターや日経記者が見つけた九州・沖縄のとっておきの味を紹介します。

トラベル 新着記事

ALL CHANNEL