グルメクラブ powered by 大人のレストランガイド

話題のこの店この味

行列食パン店仕掛け人 奇抜な店名で引き立つ本物の味

2019/1/22

「午後の食パン これ半端ないって!」は18年9月に開店した

今、「高級食パン専門店」が全国に増えている。素材と製法にとことんこだわった高級食パンだけを売る業態で、1斤400円前後かそれ以上の価格で販売して消費者の人気を集めている。東京周辺で話題の行列店を相次ぎプロデュースした岸本拓也さんに、食パン作りや店作りのコンセプトを聞いた。

岸本さんが手がけたのは「考えた人すごいわ」(東京都清瀬市)、「午後の食パン これ半端ないって!」(相模原市)、「うん間違いないっ!」(東京・中野坂上)。オーナーはそれぞれ違うが、いずれもインパクトある名前が特徴だ。この、ヘンな店名と本格的な食パンの味わいのギャップに魅了される人が多いようだ。

数々のパン店を仕掛けるベーカリープロデューサーの岸本拓也さん

岸本さんは横浜・大倉山にあるベーカリー「TOTSZEN BAKER’S KITCHEN」のオーナーだ。その一方で、異業種からパン店経営を目指すオーナーの開業・運営の支援をするジャパン ベーカリー マーケティングを経営している。同社が初めてプロデュースした食パン専門店が東京・清瀬駅前にある「考えた人すごいわ」だ。2018年6月にオープンするとツイッターなどで話題となり、行列のできるパン店になった。

「考えた人すごいわ」はインパクトのある名前と、何の店かわからない外観もツイッターで話題に

高級食パン店を手がける経緯を岸本さんに聞くと、「それまで食パン専門店を手がけなかったのは、僕が納得できる食パンが完成するまでに時間がかかったからです。こだわったのは『風味』と『食感』。具体的には『甘み』と『口どけ』がおいしい食パンの決め手だと思っています。何度も原料の配合を変えて試作を重ねる中でその2つのバランスが完璧な形でシンクロした瞬間があって、そのときに思わず出てきた言葉が『考えた人すごいわ』なんです」という。

その高級食パン「魂仕込(こんじこみ)」(2斤800円、税別)は完成までに2年以上を要したという。口の中に入れるとほんのりとした甘みを感じ、次の瞬間にはシフォンケーキのようにとろけてなくなってしまう。今までの食パンにはない「口どけ」である。

3つの店の食パンは焼かずに「生」で何もつけずに食べてもおいしい、びっくりするほどの口どけ感がある、耳の部分が薄い、などの点が共通する。だが、原材料や風味、食感は少しずつ異なるという。

グルメクラブ 新着記事

ALL CHANNEL