「恐怖ビジネス」で若者つかめ ホラー活用、客層に幅

10代、20代の獲得に多くの企業が苦戦している中、「恐怖」を活用して成功を収めているスタートアップ企業が闇(東京・世田谷)だ。ホラーは若い世代の男女共に人気があるジャンルでSNSとの親和性も高いため、拡散されやすい。ホラー演出に特化した同社の事例を見ながら、若者を取り込む「恐怖のビジネス」の可能性を探った。

観覧車に若者を乗せろ

東京・お台場のパレットタウンにある観覧車。2018年11月下旬に訪れると、2台のゴンドラだけ異なる仕様になっていた。ヘッドホンを渡され乗り込むと、ゴンドラ内は血のりが付いた写真で埋め尽くされている。地上を離れるとヘッドホンから聞こえてくる男性の声が、そのゴンドラで起きた悲劇を語り始める。そしてきれいな夜景が見えていた窓の外に、ハサミを持った女性の姿が現れる。

きれいな夜景が見えていた窓に、女性の霊が現れる「血バサミ女の観覧車」。ゴンドラの中にはられた写真には血しぶきが飛び散っている(写真は11月に期間限定で復活したパレットタウンの大観覧車で撮影)

これは18年7月からパレットタウンとマリノアシティ福岡に登場した「血バサミ女の観覧車」というアトラクション。両施設の観覧車を管理するサノヤス・ライド(大阪市)が企画した。「観覧車は地上から隔離されるし、個室から出られない。ホラーにぴったりだと考えた」(サノヤス・ライドの岩永亮平氏)。

観覧車をホラーにした狙いは、若い世代の獲得だ。一般的に観覧車の乗客は親子連れなどファミリー層が中心。「遊園地に来ても観覧車に乗らない若者に関心を持ってもらいたかった」(岩永氏)。その狙い通り、別のゴンドラとは異なる若いカップルや女性同士が列を作った。

7月14日から9月2日までの期間限定で始めたが、8月後半になっても乗客が減らなかったため、福岡は常設に変更。一度幕を閉じたパレットタウンも、11月10日~11月25日の土・日・祝日限定で復活した。反響は他の遊園地にも広がり、サノヤス・ライドが管理・運営を担当していない遊園地からも問い合わせがあるという。

このホラー観覧車の企画・演出を実際に手掛けたのが闇だった。

競合がいなかったホラー

15年に設立した闇が目指すのは「ホラーとテクノロジーを組み合わせ、新しい感動を提供する企業」(頓花聖太郎社長)。お化け屋敷と異なり、脅かす役の人間が乗れない観覧車では、立体音響を利用したホラーを採用。立体音響が生きるシチュエーションは何かと考えて、乗客の耳元でハサミの音が聞こえる「血バサミ女」というコンテンツを生み出した。意識しているのは「テクノロジーが生きるホラー」だという。

MONO TRENDY連載記事一覧