エルメス、「2つの月」の満ち欠けを表現した腕時計

2019/1/16
アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ(文字盤:アベンチュリン製)
アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ(文字盤:アベンチュリン製)

フランスの高級ブランド「エルメス」は腕時計の「アルソー」コレクションから新作として「ルゥール・ドゥ・ラ・リュンヌ(L'HEURE DE LA LUNE=月の時)」を発表した。地球の北半球と南半球、それぞれから見える月の満ち欠けを同時に表示するムーンフェイズ機構を搭載した。

アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ ケース:ホワイトゴールド製 直径43mm 3気圧防水 文字盤:メテオライト製 駆動装置:機械式自動巻 パワーリザーブ約50時間 発売予定:2019年6月ごろ 予価:320万円(税別)

2つの月をマザー・オブ・パール(真珠母貝)で描いた文字盤の上に、それぞれ時分と日付を針で指し示す2つの可動式スモールダイヤル(小さな文字盤)を配置、文字盤を周回させることで、月の満ち欠けを表現した。

アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ ケース:ホワイトゴールド製 直径43mm 3気圧防水 文字盤:アベンチュリン製 駆動装置:機械式自動巻 パワーリザーブ約50時間 発売予定:2019年6月ごろ 予価:320万円(税別)

文字盤はメテオライト(隕石=いんせき)とアベンチュリン(微細な結晶を内包するガラスや鉱石の総称)の2種を用意。各100本の限定。2019年6月ごろ発売予定。予価は税別320万円。

エルメスがジュネーブサロン(SIHH)に設けたブース

「時計」記事一覧

Watch Special 2020

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2020」では、注目の腕時計新作、最新トレンド、インタビュー、ビジネスパーソンのための腕時計基礎講座など、多彩なコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2020はこちら

夏の装い直前講座
Watch Special 2020
Fashion Flash