時計

エルメス、「2つの月」の満ち欠けを表現した腕時計

2019/1/16

アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ(文字盤:アベンチュリン製)

フランスの高級ブランド「エルメス」は腕時計の「アルソー」コレクションから新作として「ルゥール・ドゥ・ラ・リュンヌ(L'HEURE DE LA LUNE=月の時)」を発表した。地球の北半球と南半球、それぞれから見える月の満ち欠けを同時に表示するムーンフェイズ機構を搭載した。

アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ ケース:ホワイトゴールド製 直径43mm 3気圧防水 文字盤:メテオライト製 駆動装置:機械式自動巻 パワーリザーブ約50時間 発売予定:2019年6月ごろ 予価:320万円(税別)

2つの月をマザー・オブ・パール(真珠母貝)で描いた文字盤の上に、それぞれ時分と日付を針で指し示す2つの可動式スモールダイヤル(小さな文字盤)を配置、文字盤を周回させることで、月の満ち欠けを表現した。

アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ ケース:ホワイトゴールド製 直径43mm 3気圧防水 文字盤:アベンチュリン製 駆動装置:機械式自動巻 パワーリザーブ約50時間 発売予定:2019年6月ごろ 予価:320万円(税別)

文字盤はメテオライト(隕石=いんせき)とアベンチュリン(微細な結晶を内包するガラスや鉱石の総称)の2種を用意。各100本の限定。2019年6月ごろ発売予定。予価は税別320万円。

エルメスがジュネーブサロン(SIHH)に設けたブース

「時計」記事一覧

日経電子版 NIKKEI STYLE Men's Fashion 「Watch Special 2019」ではSIHHやバーゼルワールドといった国際時計見本市で発表された新作腕時計レポートに加え、今年のトレンドやビジネスマンに向けた腕時計の基礎講座など幅広いコンテンツを提供しています。

>> Watch Special 2019はこちら
Latest