石橋静河 常に財布に入れているシーナさんのピック

石橋さんの父親は石橋凌さん、母親は原田美枝子さん。芸能一家に育った
石橋さんの父親は石橋凌さん、母親は原田美枝子さん。芸能一家に育った

主演に抜てきされた『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(17年)でブルーリボン賞などの新人賞を総なめにして以降、話題作への起用が相次いでいる石橋静河さん。「いつも財布に入れている」というシーナさん(シーナ&ザ・ロケッツ)のギター・ピックや愛用している手帳について語った。

いつも財布に入れている、シーナさんのピック

石橋さんの父親は石橋凌さん、母親は原田美枝子さん。芸能一家に育ったが「七光り」に頼らず、16年のNODA・MAPの舞台(「逆鱗」)も、18年のNHK朝ドラ(「半分、青い。」)も、オーディションを経て勝ち取ってきた。そうして18年、ドラマ初主演作となったのが、NHKで放送された「You May Dream」。福岡のロックシーンをけん引した「シーナ&ロケッツ」のヴォーカリストで、同バンドのギタリスト・鮎川誠さんの妻でもあったシーナさん(15年、子宮頸(けい)がんにより死去)を演じて評価を高めた。

「今でもお財布を開けてピックを見た時に、撮影当時を思い出したり、シーナさんみたいに生きたいなと思ったります」

「これは、シーナさんが実際に使っていたピックです。『You May Dream』の撮影で北九州にいた時に、シーナさんと交流があった方がくださいました。

シーナさんは、ロックが好きで、マコちゃん(鮎川誠さん)が好きで、それをみんなと共有したいがためにライブをしていた方。その『好き!』という気持ちで動くシーナさんを表現したくて、でもどうしたらいいかわからないと悩んでいた時期にいただいたので、うれしかったですね。これを持つことで、シーナさんの感性に少しでも触れられたような気がしましたし、役に入りやすくなりました。

それに、私の父が鮎川さんと同郷(福岡県久留米市)で、一緒にライブをしたりもしていたので、個人的にもご縁があるんです。そんなシーナさんの役を自分がやったことを忘れたくない気持ちもあって、今でもお財布に入れて持ち歩いています」

「シーナさんには、自分が物心ついてからはお会いしたことがなくて」という石橋さん。ピックは唯一の、役作りの直接的手がかりになった
MONO TRENDY連載記事一覧