テーブルで選ぶその日の素材、フルコースに 福岡「ザ・マーケット・エフ」

日本経済新聞西部夕刊

落ち着いた雰囲気の店内で席に着くと、まずテーブルまで運ばれてくるのは新鮮な地元のお肉や魚を積んだクーラー機能付きカート。宮崎県産の地頭鶏から玄海産のアワビまで、気になる食材を選ぶとレストランの中央に位置する厨房でシェフがメインディッシュを調理する。

イラスト・広野司

フルコースは素材から――「本当にやりたかったレストラン」と後藤健一料理長のこだわりが詰まったこのお店では、メインに使う食材からフルコースを組み立てる「究極のオーダーメード」が味わえる。2カ月に1度入れ替わる食材はほとんどが九州産で、料理長自ら生産者のもとに出向き厳選したものだ。

グリルしたばかりの鶏肉を口にすると、ほどよい感触とともに一気にうまみが口の中に染み渡る。おいしさの秘訣は食材ごとにある料理長特製のソースだ。生産者と交流したからこそ食材本来の良さを引き出せる。これだけの内容で、フルコース6千円(税別)からというから驚きだ。

石や紅葉がちりばめられ、様々な色のソースで彩った、まるで日本庭園のようなディッシュは、客一人一人の顔を見て決めているという。後藤さんの頭の中に決まったパターンは無いから、柔軟な対応が可能になる。こだわり抜いたオーダーメード料理で、食へのこだわりが強い土地に挑んでいる。

(千住貞保)

〈ざ まーけっと えふ〉福岡市博多区住吉1の2の82のホテル グランドハイアット福岡 電話092・282・2803

九州 味めぐり」では食べ歩きが大好きな地元在住のライターや日経記者が見つけた九州・沖縄のとっておきの味を紹介します。
五感を豊かにする旅紀行を読む