ジェシー・ハリス 開かれた米国の都会派ポップス紡ぐ

米ニューヨークを拠点に活躍するシンガー・ソングライター、ジェシー・ハリス=古賀 恒雄撮影
米ニューヨークを拠点に活躍するシンガー・ソングライター、ジェシー・ハリス=古賀 恒雄撮影

米ニューヨークのシンガー・ソングライター、ジェシー・ハリスが来日した。2018年にはジャズギターの最前線を行くジュリアン・ラージのCDをプロデュースし、新進ジャズ・ソウル歌手のキャンディス・スプリングスに曲を提供するなど、ミュージシャンの信頼も厚い。

バンドのメンバーは、ハリスの最新アルバムにも参加した3人(手前中央がハリス)=古賀 恒雄撮影

いつものようにギターをつま弾きながら歌うハリスを、彼の最新アルバム「アクアレル」にも参加している3人の異才がサポートした。ギターとコーラスはシンガー・ソングライターでもあるウィル・グレーフェ、ドラムはジェレミー・ガスティン、ベースはブラジル人のリカルド・ディアス・ゴメスだ。ゴメスは現代ポップミュージック界の最重要人物ともいえるブラジルの大スター、カエターノ・ヴェローゾのアルバム数作にも参加している。

ハリスがさりげなく歌い始める。そのまま淡々、粛々といった形容がぴったりのステージが続くのだが、そんな演奏の奥から、大人の都会派ポップスの滋味や機微とでも呼ぶべきものが浮かび上がり、観客の中にスーッと心地よく入り込こんでくる。

ハリスは1969年生まれの生粋のニューヨーカーだ。アイビーリーグの名門コーネル大学で文学を専攻し、卒業後に音楽の道に進んだ。ノラ・ジョーンズに提供した「ドント・ノウ・ホワイ」でグラミー賞の最優秀楽曲賞を受賞して知名度を上げ、これまでに趣向を凝らしたアルバムを15作余り発表している。

ベースのリカルド・ディアス・ゴメスはブラジルのスター、カエターノ・ヴェローゾのアルバムにも参加している名手だ=古賀 恒雄撮影

幅広い音楽的な好奇心や文学的な素養をシンガー・ソングライターとしての表現に昇華させていくハリスの手法は、同じく生粋のニューヨーカーである大御所ポール・サイモンに通じるものがある。80年代半ば以降、サイモンが遠くアフリカをも見据えた「旅する音楽家」を標榜しているのと同じように、ハリスもまた文化の中心地たるニューヨークにとどまることを良しとせず、外に出ていくことを志向するアーティストである。

エンタメ!連載記事一覧