WOMAN SMART

キャリア

4月からメール提示も 労働条件は入社前に要チェック

2019/1/18

■2019年4月から電子メール等の明示も可能

何事もそうですが、口頭で伝えられるだけよりも、文面で確認できたほうが誤解なども防ぐことができて安心ですよね。労働条件について書面による交付を受けたら、必ず内容を確認して、不明な点があれば、入社前に確認しておくようにしましょう。

トラブルとなりやすい項目の一つとして、残業代の支給・計算方法などがあります。例えば、給与に「残業代込み」とあった場合には、それが何時間分の時間外労働に対するものか、確認しておく必要があります。仮に10時間分なのか、45時間分なのかで、実際の基本給に当たる部分も見た目の数字とは全く異なってきます。「残業はほとんどない」と聞いていたのに、入社してみたら残業のない日はない、という話も聞きますので、平均的な残業の目安時間なども聞いておくといいでしょう。

これまで書面により交付が義務付けられていた労働条件について、2019年4月1日より次のように改正されることになりました(新労基則第5条第4項関係)。それは、労働者が希望した場合、労働条件の明示が「ファクシミリの送信」、「電子メール等の送信」(※)でも可能になる点です。電子メール等については、労働者が電子メール等の記録を出力することにより書面を作成することができるものに限られています。

※電子メールその他のその受信をする者を特定して情報を伝達するために用いられる電気通信をいいます。

きちんと印刷ができれば、内容をじっくりと確認することもできますし、万が一書面を紛失してしまった場合にも、再度出力することができるという点では安心かもしれません。

労働条件の明示は19年4月から電子メールやファクシミリでも可能に(写真はイメージ=PIXTA)

なお、労働基準法施行規則の改正においては、明示しなければならない労働条件を事実と異なるものとしてはならないことが規定されています(新労基則第5条第2項関係)。明示された労働条件が事実と異なる場合、労働者は、即時に労働契約を解除することができることとなっています(労働基準法第15条第2項)。電子メール等による方法で労働条件が明示された場合においても、その取り扱いは同様です。

何事も最初が肝心です。後々のトラブルを防ぐためにも、入社する前にきちんと労働条件を確認するようにしましょう。

佐佐木由美子
人事労務コンサルタント・社会保険労務士。米国企業日本法人を退職後、社会保険労務士事務所などに勤務。2005年3月、グレース・パートナーズ社労士事務所を開設し、現在に至る。女性の雇用問題に力を注ぎ、働く女性のための情報共有サロン「サロン・ド・グレース」を主宰。著書に「採用と雇用するときの労務管理と社会保険の手続きがまるごとわかる本」をはじめ、新聞・雑誌などで活躍。

[nikkei WOMAN Online 2018年11月14日付記事を再構成]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
日経DUAL
帰宅時や店内で…7つのイヤイヤ悩み 現実解は?
日経ARIA
「黒字企業で評価A」のあなたも早期退職の対象にな
日経doors
ハヤカワ五味が実感する読書 「筋トレと似ている」
ALL CHANNEL