N
エンタメ!
なやみのとびら、著名人が解決!

アラフィフの本当の恋愛って脚本家、大石静さん

2019/1/17

なやみのとびら、著名人が解決!

脚本家。東京都生まれ。TVドラマ「ふたりっ子」「四つの嘘」「セカンドバージン」「大恋愛~僕を忘れる君と」など執筆。毎週水曜日に「家売るオンナの逆襲」が放送中。
脚本家。東京都生まれ。TVドラマ「ふたりっ子」「四つの嘘」「セカンドバージン」「大恋愛~僕を忘れる君と」など執筆。毎週水曜日に「家売るオンナの逆襲」が放送中。

「ヒモ男」と付き合っている知り合いの話を夫とした時のことです。私が「自分が損をする恋愛なんてしない。相手が損をしても自分は得したい」と話すと、「あんたは本当の恋愛をしたことがない」と夫に笑われました。アラフィフにおける本当の恋愛とはなんでしょうか?(岡山県・女性・40代)

アラフィフでもアラフォーでもアラサーでも、もっと若くても、もっと年配でも、「恋愛」の本質は変わらないと思います。

「恋愛」とは、相手を大切に思い、一緒にいたいと望み、相手の心と体に深く関わりを持ちたいと願うことです。

さらに自分が理想とする相手と、必ずしも恋に落ちるとは限りません。いけないと思っても、惹(ひ)かれてしまう時もあるわけです。

理想とはほど遠いけれど「恋しい」という感情や、「いけない、踏みとどまらなければ」と思いながらも、相手にのめり込んでいく瞬間の刹那は、人の心に劇的高揚を呼び起こします。

つまり、損得で割り切れる感情ではないわけです。

損得を超えた感情を抱けるかどうかが「恋愛」となり得るかどうかのポイントでもあると、私は思います。

あなたが、「自分が損をする恋愛なんてしない。相手が損をしても自分は得したい」とお考えになるのはご自由ですが、私もあなたの旦那様の「あんたは本当の恋愛をしたことがない」と言うご意見に同意します。

しかし(ここから先が大事なんですが)、旦那様は、恋愛の経験もない、恋愛の定義もわかっていない、40代なのに何だか初心(うぶ)で未熟なあなただからこそ、大切に思っておられるのではないかと想像します。

旦那様はあなたに「得」していると思える状況を与えてくれているのでしょうし、お知り合いの婚外の男性関係も、のびのびと話し合えたりできるということは、ご夫婦としてお幸せに思えます。

そのまま、どうぞお幸せにお暮らしください。

最後にお知り合いですが、結婚しているのなら、その方は夫との安定的生活だけでは心が満たされず、「ヒモ男」と肉体関係を持つことで、心のバランスを保っているのだと思います。

「ヒモ男」は経済的損失を与えますが、だからこそ心身の高揚も与えてくれるのでしょう。

ご質問に、私なりにお答えしてみましたが、しかし、あなたはそんなことを理解しないでもいいように思います。

今のまま、旦那様だけ見つめて生きてください。それが一番だと思います。

あなたの悩みをサイトにお寄せください。サイト「なやみのとびら」(https://www2.entryform.jp/tobira/)から投稿できます。

[NIKKEIプラス1 2019年1月12日付]

NIKKEIプラス1の「なやみのとびら」は毎週木曜日に掲載します。これまでの記事は、こちらからご覧ください。

エンタメ!連載記事一覧