門脇麦、難役に挑戦 魂吹き込んだシンプルな衣装

温活で長丁場の舞台を乗り切ったという門脇麦さん
温活で長丁場の舞台を乗り切ったという門脇麦さん

「愛の渦」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」などの映画やドラマで注目を集め、エランドール賞などの新人賞を総なめにしてきた女優・門脇麦さん。「体が資本」という26歳の彼女が愛用している「温活グッズ」とは。

「冷え」対策に欠かせない腹巻きとレッグウオーマー

「2018年は、体調の面で悩まされることが多い1年でした。さらに後半は、ずっと舞台をやっていまして(NODA・MAP公演『桜の森の満開の下』)。稽古も含めると4カ月の長丁場だったので、絶対に体調を崩せない。『冷えは万病のもと』と言いますし、特に首という首と、お腹を温めるといいと聞いたので、なるべく冷やさないように気をつけていました。

そんなときに事務所の専務が送ってくださったのが、この腹巻きとレッグウオーマーです。これまでにも栄養価の高い食べ物などを届けてくださるなど、いつも気にかけて頂いているのですが、こういう体を温めるものは初めて。とてもうれしかったですし、『これはもう、毎日着けなきゃ』と思いました(笑)。

まず腹巻きですけど、実は私、ちょっと苦手意識がありました。腹巻きって、モノによっては伸縮性が高かったり、分厚かったりするので、お腹が圧迫されて胃が痛くなってしまうんです。でもこの腹巻きは薄くて着け心地が軽いので、まったく負担にならない。キャミソールを1枚来ている感覚と変わらないので、とても使いやすいです。

レッグウオーマーは今まで使ったことがなかったのですが、これもすごく気に入っています。女性のファッションって、くるぶしが出るものが多いと思うんです。私だと普段ワンピースを着ることが多いので、どうしても足元が冷える。『足元の冷えは全身の冷えにつながる』とも聞くので、このレッグウオーマーも、腹巻きと一緒に、朝から晩までずっと着けてます。これも着け心地が軽くて、タイツの上から重ねて着けたりもできるので、使い勝手が良いです」

着け心地が軽くて楽だという腹巻きとレッグウオーマー

「舞台では、作品ごとに1回はケガをしてきた」という門脇さん。しかし「温活」の効果もあり、「今回は1度もケガをすることなく、なんとか体調をキープできた」と言う。

「温活という意味では、しょうが紅茶も良かったですね。『臓器から温めると声がよく出る』と教えてもらって、いつも作って飲んでいました。市販のしょうがチューブを紅茶にたっぷり入れて、ハチミツを加えて、熱いうちに飲む。そうすると体の内側からぽかぽかになって、汗ばむくらいになるんです。その状態でウオーミングアップしてから舞台に立つと、本当によく声が出る。喉を潰したり、声を枯らしたりすることもなかったです。

しょうが紅茶を飲む習慣は、舞台が終わってからも続けていて、今は紅茶だけでなく、食べ物や飲み物、何にでもしょうがを入れています。家にはしょうがチューブが常備されてます」

腹巻きもレッグウオーマーも着けているだけで、体に気をつけようという意識が高まります。本当に手軽に着けられて、毎日続けられるので、私はすごく気に入ってます
MONO TRENDY連載記事一覧