日食見逃した人にも再チャンス 19年の天体ショー

日経ナショナル ジオグラフィック社

ナショナルジオグラフィック日本版

2019年は、世界の天文ファンにとってうれしい1年になりそうだ。日食や月食が年に複数回起こり、水星の影が太陽を横切るなどの天文現象が見られるのだ。

 今年の天体ショーの幕開けは部分日食。1月6日、北海道から沖縄まで、日本全国で観測可能だった。天候が悪かったなどで6日の部分日食を見逃してしまった、という人も安心してほしい。年内に日本でももう1度部分日食が見られるからだ。以下、2019年注目の世界で見られる天体ショーを紹介しよう(記事内の日付は米国時間)。

1月20~21日──スーパー・ブラッドムーンの皆既月食

 月食が起こるのは満月のときに限られる。1月20日から21日にかけての満月は、月がいつもよりも大きく、明るく見える「スーパームーン」だ。

 そして、皆既月食のとき、月は血のような赤色を帯びて「ブラッドムーン」に姿を変える。今回はこの2つが重なり、特別な皆既月食「スーパー・ブラッドムーン」になる。

 このスーパー・ブラッドムーンは、比較的広い範囲で見ることができる。次に地球上で皆既月食を見られる機会は、2021年5月26日までやってこない。

 月が完全に地球の影に隠れる皆既食は、日本時間の1月21日午後1時41分に始まり、62分間続く。前後の部分食を含めると3時間半ほどのイベントになる。そのすべてを見られるのは、北南米、グリーンランド、アイスランド、西欧、西アフリカだ。東欧や東アフリカの天文ファンは部分食のみ観測できる。残念ながら、日本を含めたアジアではほぼこの月食は見られない。

4月23日──月と木星の大接近

 夜明けの南の空を見上げると、満月を少し過ぎたぐらいのまだ大きめの月が、明るく輝く木星にぴったりと寄り添っているのが見えるだろう。この2つの天体は午前1時ごろに東の空に昇り、夜明けごろには南の空高くにあがる。このカップルの様子は裸眼で見ても印象的だが、双眼鏡や望遠鏡で覗いてみても圧巻だ。

5月──みずがめ座η流星群

 2019年、ペルセウス座とふたご座の流星群はどちらも満月の時期と重なってしまうため、月の明かりで見えにくくなる。だが、みずがめ座η(イータ)流星群は新月の時期と重なるので、流星群を観測する絶好の機会となる。

 天文学者の予測では、1時間あたり最大で30個ほどの流れ星が空を彩るという。5月5日ごろに始まり、ピークは日本時間の6日23時だ。流星は、この時期に東の空にあるみずがめ座からやってくるように見える。

 毎年訪れるこの流星群は、実はハレー彗星のかけらだ。氷と岩石でできたハレー彗星が最後に地球に近づいたのは1986年だった。次にやってくるのは2062年になる。それまでの間は、この天体が残した砂粒ほどの忘れ形見が、夜空で燃え上がる様子を毎年5月に観測できる。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
7月2日──皆既日食
ナショジオメルマガ