楽しくて三日坊主返上 初心者向けランニングシューズ新年から始める「自分磨き」グッズ(上)

ランニング初心者にお薦めのシューズを紹介する
ランニング初心者にお薦めのシューズを紹介する

1月は気持ちも新たに、趣味や仕事に取り組むいいタイミング。カラダづくりを中心とした「自分磨き」グッズを、3回に分けて紹介する。第1回のテーマは、「今年こそランニングを始めたい」と考えている人に向けて、初心者に適したランニングシューズだ。アディダス、ニューバランス、ホカ オネオネという人気ブランドの製品を取り上げる。

アディダス/自然と足が前に出る

アディダス「PureBOOST GO」(1万3000円、税別※以下同)

ランニングシューズがよく売れる時期はいつか。アディダスジャパン・マーケティング部の木村直也氏に聞くと、「1月、4月、9月など、新年や新年度、マラソン大会シーズンの秋~冬に販売数が伸びる傾向にある」という。外は寒いが、冬はランニングのハイシーズン。取り組むにはいい時期なのだ。

そんなアディダスの初心者向け注目シューズは、同社が提唱する「ストリートランニング」(ランニングを通じて気分転換したい人向けの新たなシティーラン)に向けて開発された一足。

クッション性と反発力を両立したミッドソール(中底)「BOOSTフォーム」を搭載し、まるでバネのような感覚で自然と足が前に出て、アスファルトを跳ねるように楽に走ることができる。

さまざまな路面で安定して走れるよう、前足部を幅広に設計。曲がり角の多い都市部でのランニングに対応するよう、曲がりやすさを追求しているという。また、ミッドソールの随所に暗いところで光を反射する「リフレクティブ素材」を採用しており、夜間のランニングでも周囲から確認できる配慮も施している。

アッパーは、近年のランニングシューズの主流となっているニット素材を採用。縫い目のないシームレス構造の「サーキュラーニット」で、高いホールド性とフィット感を兼ね備える。あえてステッチを表に出すことで、カジュアルスニーカーのようなビジュアルに仕上げている点も特徴。街履きにも使えるデザインとなっているのだ。

「リフレッシュのために街中を走りたい若年層から、ランニングテイストのシューズを求めている30代など、幅広い層に支持されています」(木村氏)

同社独自のテクノロジー「BOOSTフォーム」をミッドソールに使用。クッション性と反発性に優れ、自然と足が前に出る不思議な感覚を味わえる

ニューバランス/見た目もクッション性も追求

ニューバランス「FRESH FOAM 1080」(1万6000円)

2019年春夏の新色を採用して登場した、クッション性と安定感に優れたニューバランスの最新モデル。同社の「FRESH FOAM(フレッシュフォーム)」技術を採用しており、ミッドソールに施されたハニカム構造の凹凸のデザインにより、単一素材ながら抜群のクッション性を実現している。安定したスムーズな走り心地が特徴で、ジョギングからフルマラソンまで対応するという。

MONO TRENDY連載記事一覧