WOMAN SMART

キャリア

米良はるか がんで自覚、経営も人生も一人で抱えない READYFOR社長インタビュー(前編)

2019/1/11

──米良さんはレディーフォーの創業者で最高経営責任者(CEO)という立場です。経営者として、公表することに不安はなかったのでしょうか。

米良 一部の方から見ると「レディーフォー=米良はるかがやっている会社」というイメージもあったかもしれません。公表することで「この会社は大丈夫なのか?」と過度に心配されるのではないかといった不安はもちろんありました。ただ、私が休みに入ってからも会社はすごくうまくいっていたんです。だからこそその時点での会社の状況、うまくいっているという事実をどう伝えるかを、経営陣、広報担当と相談して決めていきました。

世の中も会社も人も「分からないもの・分からないこと」に対して恐怖を覚えるもの。つまり私はこういう状況なのだということをちゃんと伝えるということで世の中の人たちも「良くなってきているんだ」と分かっていただけるようになりました。

■経営も人生も、一人で抱え込まない

──確かにあのブログ記事はエモーショナルでありつつも、ご自身を客観視できていますし、病気を冷静に受け止めているように見えました。

米良 もちろん、「どうしよう」と動揺しましたし、休業前、経営陣に伝えるときにも冷静ではなかったですよ。会社でみんなに話すときにも号泣してしまいましたし。

最初の状況を把握するのは仕事でも病気でも怖いこと。ただ、事実が正確に分かり、イシュー(論点)が特定できればその道の専門家を集めて解決できるもの。だからこそ自分ができないことを、できる人に伝えて、助け合いながら進んできています。それぞれの強みを生かし、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」というビジョンに向けて、そして「既存の金融サービスではお金が流れにくかった分野へ、思いが乗ったお金を流通させる仕組み」をつくるために進んでこれている。

私はあまり強い人間ではなく、トップダウンで事業を進めるタイプの経営者ではありません。自分で何もかも決めるのではなく、適切な人に適切に情報をもらいそれを判断する、周囲のサポートを得て意思決定・判断することが習慣化しています。それは経営に対しても病気に対しても同じだと思います。

──ご主人には病気について、どのように伝えたのですか。

米良 病院に通い始め、病気かどうかも分からない段階から、パートナーとして一緒に病状を把握してもらいました。一人で向き合うことはあまりしないで頼るんです、すぐに(笑)。これは会社経営でも同じで、社員と役割分担し、一人で抱え込むことがないようにしています。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
仕事を休止してのアメリカ留学 2000万円の自己投資
日経DUAL
管理職の立場捨て再出発 楽しく働く姿を子に見せた
日経ARIA
逆転の一冊 小巻亜矢「2歳の息子の死に光をくれた
日経DUAL
花粉症から子どもを守る 発症前の予防ノウハウ
ALL CHANNEL