一見「風邪」だが実はちがう 受診すべき6つの症状風邪の「真」常識(2)

日経Gooday

5. 咳をすると胸が痛い、痰(たん)に血が混じっている

咳をすると胸が痛い、あるいは、咳が3週間以上続いている場合も要注意。写真はイメージ=(c)Shao-Chun Wang-123RF

前に触れたように、風邪をひくと粘膜が炎症を起こして細菌に感染しやすくなる。成人の場合、最も多いのは肺炎だ。細菌性の副鼻腔炎や中耳炎を起こすこともある。

咳や呼吸をすると胸が痛いときは、肺炎や胸膜炎の可能性がある。また、血痰(血が混じっている痰)が出る場合には結核に感染している可能性があるという。結核は不治の病ではなくなったが、撲滅されたわけではなく、日本は先進国の中では結核患者が多い。症状が似ていて風邪だと勘違いされやすいので注意しよう。

「血痰が出るときは肺炎、肺がんも考えられます。呼吸するとき胸が痛いなら胸膜炎かもしれません。このような症状が見られたら受診したほうがいいでしょう」(岸田さん)

6. 咳が3週間以上続いている

風邪が治った後に咳の症状だけ長く続くことがある。最も多いのは「感冒後咳(かんぼうごせき)」という風邪の残り火のようなもので、この場合は2週間程度で自然に治っていくことが多い。咳が長く続いても初期に風邪の3症状(咳、鼻水、のどの痛み)があったときは重大な病気である可能性は低い。

「逆に最初から咳だけというのは心配です。また、咳が3週間以上続くときも要注意。医療機関を受診したほうがいいと思います」(岸田さん)

咳が3週間以上続いているときは肺がん、咳喘息(ぜんそく)、結核などの病気になっている可能性があるという。そのほか、後鼻漏(鼻水がのどに流れる)や胃食道逆流症(胃液が食道に上がってくる)によって咳が続いていることもある。

長引く咳といえば、2018年には百日咳も流行した。百日咳菌という細菌の感染によって起こる感染症だ。「大人がかかってもそれほど心配はない病気ですが、生後1年以内の乳児だと命の危険もある。妊婦や乳幼児はくれぐれも注意してください」と岸田さんは話す。

今回は風邪と混同しがちな別の病気について説明したが、次回は「本物の風邪」の予防策について説明しよう。

(ライター 伊藤和弘、図版 増田真一)

岸田直樹さん
総合診療医、感染症医、感染症コンサルタント、公衆衛生修士(MPH)、北海道科学大学薬学部客員教授、一般社団法人Sapporo Medical Academy代表理事。2002年旭川医科大学卒業。手稲渓仁会病院総合内科・感染症科チーフ兼感染対策室長などを経て14年よりSapporo Medical Academy代表理事。日本内科学会総合内科専門医。日本感染症学会専門医・指導医。著書に『誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 重篤な疾患を見極める!』(医学書院)など。

医療・健康に関する確かな情報をお届けする有料会員制WEBマガジン!

『日経Gooday』(日本経済新聞社、日経BP社)は、医療・健康に関する確かな情報を「WEBマガジン」でお届けするほか、電話1本で体の不安にお答えする「電話相談24」や信頼できる名医・専門家をご紹介するサービス「ベストドクターズ(R)」も提供。無料でお読みいただける記事やコラムもたくさんご用意しております!ぜひ、お気軽にサイトにお越しください。


ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント
ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント