powered by 大人のレストランガイド

東京・日本橋に離島料理集結 国内80島の味を堪能

「離島キッチン日本橋店」の「ランチ島巡り御膳」
「離島キッチン日本橋店」の「ランチ島巡り御膳」

「くさや」「あおちゅう」「黒糖焼酎」など、個性あふれる食材の宝庫である日本の離島。ただ、離島の食べ物の土産話は聞いたことがあるけれど、実際に食べたことはないという人も多いのではないだろうか。そんな人にお勧めの店が「離島キッチン」(東京・神楽坂、日本橋)。東京都心で全国の離島料理を楽しめるユニークな店だ。

日本には多様な食文化が根付いており、とりわけ離島の食は珍しいものが多い。本土と海で隔てられているため、独特の発展をとげて他にはないひと味変わった食材が多いからだ。日本全国には400超の人が住む有人島があるとされる。「離島キッチン日本橋店」にはそのうち80の離島の食材が集まる。全国の離島から幅広く、これだけの食材を集める店は珍しい。土日祝日のランチには各地の離島の食材を使った「ランチ島巡り御膳」(2000円、税別)を提供する。

離島キッチン日本橋店の山崎壮摩店長に離島の食の特徴について聞いてみた。

「離島食材は環境に適応するための島民の知恵や工夫によって生まれたものが多いのが特徴の一つだと思います」と語る。例えば、長崎・対馬は平地が少ないため稲作が難しく、サツマイモが多く生産されてきたという。このサツマイモを保存するため、複雑な工程をへてでんぷんだけを取り出して乾燥させて麺状に加工したものが「ろくべえ」という麺食材だ。

ほかにも、島根・隠岐諸島の「ふくぎ茶」は煎茶の代わりにクロモジという植物の枝を乾燥して煮出したもの。鹿児島・喜界島の「そら豆茶」はソラマメの皮を乾燥させたもの。「このように制約のなかで工夫を凝らして生まれてきた食材が離島にはたくさんあります。そうした食材から島の風土や歴史、暮らしに思いをはせることができます」(山崎さん)

店が誕生したきっかけは、離島キッチンの創業者である佐藤喬氏が2009年に隠岐諸島・中ノ島の海士町観光協会が募集していた「行商人」の求人に応募したことだった。

佐藤氏は中ノ島だけでなく、「離島」という大きなくくりで店を出すことにした。最初はキッチンカーで全国を回り、水戸、平塚、浅草などに期間限定のショップを展開。その後、15年9月に神楽坂に常設店舗をオープン、16年に福岡店、17年には札幌店をオープンした。

店内の物販棚では離島の特産品や雑貨も販売する

店を訪れた人に島に足を運んでもらおうと、18年にオープンしたのが日本橋店だ。日本橋店では離島の料理を提供するだけでなく、物販コーナーで離島の雑貨や工芸品を販売し、離島をテーマにしたイベントも行う。ランチ、ディナーとも近隣のビジネスパーソンでにぎわう。土日やカフェタイムは女性の買い物客も多い。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド