MEN’S EX

2019/1/6

数々のスタイルアイコンがその魅力に取り憑かれた

1920年代に生まれ、’60年代前半にアイビーリーグの学生たちが身に着けブレイクしたといわれる黒ニットタイだが、その普及に、各時代のスタイルアイコンであった俳優や、ジャズマンたちが大きな役割を果たしたのは想像に難くない。何せ彼らは、まるで制服のように黒のニットタイを締めていたのだ。写真はほんの一例だが、蒼々たるメンツが締めていたことがわかる。中でも「007」のS・コネリーは、アイコンのようにこれを締め、“スーツに黒ニットタイ”の装いを普及させた立役者といわれている。

(中)黒のニットタイを決める オン・オフ着こなしのツボ>>

※表示価格は税抜きです。

撮影/平郡政宏〈人物〉 大嶽恵一(BOIL)、久保田彩子〈静物〉 スタイリング/村上忠正 ヘアメイク/YOBOON(COCCINA) 文/秦 大輔 写真提供/amanaimages

MEN'S EX

[MEN’S EX 2019年1月号の記事を再構成]

SUITS OF THE YEAR 2020

新型コロナウイルスの影響で、2020年は初のフルCGで作成した会場でのバーチャル授賞式。
時代の節目に挑み、大切なメッセージを放つ5人を表彰した。

>> 詳細はこちら

SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
GIFT SPECIAL 2021
SUITS OF THE YEAR 2020
Watch Special 2021
Instagram