マネー研究所

人生を変えるマネーハック

新年に3つの誓い 消費増税や株価下落に勝つマネー術

2019/1/1

写真はイメージ=123RF

新年明けましておめでとうございます。NIKKEI STYLE マネー研究所の連載コラム「人生を変えるマネーハック」は、2019年もお金についての賢いノウハウやヒントをお届けしていきますのでよろしくお願いします。

今年最初ということで、19年の年始の誓いとしたいテーマを3つ紹介します。

誓い(1):まずは2%の節約を実現しよう

19年最大の課題となりそうなのは消費税10%への引き上げでしょう。予定通りであれば10月に10%となり、2ポイント税率が上がります。

この2%相当分をどうにかして節約しておかなければ、家計は赤字になりかねません。

食料品などに軽減税率の適用があったり、中小小売店などでのキャッシュレス決済にポイント還元が実施されるなど、ちょっとややこしさがあるものの、優遇措置が適用されない買い物も多々あると思われます。

■消費増税までに家計の無駄を削る

ここは10月までの間に、家計の改善を図り、無駄な支出を削っておいた方がいいでしょう。春に賃上げがあったとしても油断は禁物です。清涼飲料水の値上げ可能性が報じられるなど、物価もじわり上がり始めているように思います。「この賃上げは物価上昇とトントン」と考えるくらいがいいと私は予測します。

現金払いを減らし、クレジットカードや電子マネーなどを使ってポイントを獲得、なるべく増税の穴埋めをしておくのもいい対策でしょう。いずれにせよ「2%相当の節約」は秋までに実現したいところです。

誓い(2):ポイント還元などはできるだけ生かす

本連載はできるだけ新しいニュースも盛り込んでお金の最新情報を提供しているつもりですが、18年12月に話題となったのが新しいQRコードの決済手段であるPayPay(ペイペイ)でした。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL