powered by 大人のレストランガイド

ヤフーとアマゾンの社食 「食べるだけ」じゃない魅力

毎日平均3000食以上を提供するヤフーの社員食堂「BASE11」
毎日平均3000食以上を提供するヤフーの社員食堂「BASE11」

社員食堂の進化が止まらない。従業員だけでなく、訪問客の満足度も高めて企業の魅力や競争力向上につなげようとする動きが相次ぐ。「エイベックス・楽天・都庁 食べたい!社員食堂の魅力」に続いて、今回は大手IT(情報技術)企業のヤフーとアマゾンジャパンのこだわり社員食堂を紹介する。

まずは東京都千代田区にあるヤフーへ。2016年10月に東京ガーデンテラス紀尾井町へ本社を完全移転したのを機に、オフィスの11階に社員食堂を開設した。「BASE11」で飲食スペースを提供し、併設するカフェ「CAMP11」でパンやドリンクを販売している。860ある座席はテーブル席やソファ席だけでなく、小上がりになったちゃぶ台席もある。会計は社員証で代金を給与から天引きする仕組みで、suica(スイカ)やPASMO(パスモ)など交通系ICカードも利用できる。

好きな料理を自分で好きなだけ盛る「グラムビュッフェ」が人気

BASE11では、定食、小鉢、麺類、丼もの、デザートなど種類が豊富。好きな料理を自分で皿に盛って重量で値段が決まる「グラムビュッフェ」(1グラム1.5円)もあり、その中にはベジタリアン対応の料理も毎日必ず入っている。ご飯とみそ汁に野菜をたっぷり使ったおかずが1品付き、トータル655キロカロリー以下に抑えた日替わり定食「アンダー655セット」(480円、税込み)もそろえる。

「いつも同じメニューでは飽きられるので、いかに社員に驚きを与えられるかを試行錯誤しながら献立を考えています」と話すのは、BASE&CAMP企画運営のリーダーである沼田瑞木さん。沼田さんは社員食堂の運営を受託する業者とコミュニケーションを取りながら、毎週のメニュー開発や毎日の運営状況を振り返っているという。

「アンダー655セット」の一例。この日は「牛すじと季節野菜の和風ポトフ」

「栄養面も大事だが、一番大事なのはおいしいかどうか」(沼田さん)と、料理の味にはこだわる。うどんは厨房の製麺機で打った麺を注文ごとにゆでて提供。コシのある太めの麺は食べごたえがあって本格的だ。

カレーライスはスパイスの調合から仕込んでいる。まろやかながら、しっかりとした辛さも感じられる絶妙なバランスがクセになると好評だ。パティシエお手製のデザートもあって、専門店レベルのクオリティーの高さだ。

メールマガジン登録
大人のレストランガイド