レア度で格付け めったに出会えない往年の靴・小物

MEN’S EX

MEN'S EX

多くの洒落物に愛されつつも、この30年で生産が減ってしまったり失われてしまった名品とは? 当時を知るウェルドレッサーからの話も交え、もし出会ったらマストバイなアイテムを紹介。




■タニノ・クリスチーのジョッパーブーツ

[ レア度 ] ★★★☆☆

2000年代前後より国内での認知度が高まり、ジョッパーブーツの代表格として知られるようになったイタリアの老舗ブランド。数年前にブランド自体が廃業に。「ベルトやシンプルで切り替えのないデザインなど他の靴にはない独自の気品が人気の理由でしょう」(ワールド フットウェア ギャラリー バイヤー 日高竜介さん)

■アトキンソンのアイリッシュポプリンタイ

[ レア度 ] ★★☆☆☆

アトキンソンの代表作であるアイリッシュポプリン生地のタイ。クラシックな柄、シルク生地独特の光沢とウールのしなやかさを併せ持つ生地感で、’80年代後半の英国ファッションのブームの際にも人気のタイの一つだった。今は国内での流通数が少なく、一部のセレクトショップでまれに入荷してもすぐに完売に。

■ポールセン・スコーンのレザーシューズ

[ レア度 ] ★★★★☆

国内で初めての英国靴ブームが到来した’80年代末、当時最も話題になったのが、英国靴最高峰のビスポークのシューメーカーが手掛けている既製靴として紹介された、ポールセン スコーンだ。中でもこちらのエプロンフロントのローファーは人気で、プリーツ入りの英国らしいパンツに合わせるのが旬だった。

■前原光榮商店の寒竹手元の一本傘

[ レア度 ] ★☆☆☆☆

国内の職人が手掛ける一本傘で、皇室御用達としても知られる同ブランド。近年のレディスものを中心とする日傘ブームの際には寒竹の持ち手の傘が注目され、紳士傘でも寒竹の柄のものが人気を博した。だが現在は同ブランドが扱う国内の高品質な寒竹自体が採れなくなっている。生産量が激減する前に手に入れたい。

SUITS OF THE YEAR 2019
男と女 ときめくギフト
Watch Special 2019