格安タブレット 8型でメモリー多いBLUEDOTが快適

日経PC21

格安タブレットはアマゾンの「Fire 7」を除いて、OS(基本ソフト)にアンドロイドを搭載している製品。液晶サイズは7型が中心だが、BLUEDOTの「BNT-801W」は若干大きい8型。基本性能もBNT-801Wは上々だった
格安タブレットはアマゾンの「Fire 7」を除いて、OS(基本ソフト)にアンドロイドを搭載している製品。液晶サイズは7型が中心だが、BLUEDOTの「BNT-801W」は若干大きい8型。基本性能もBNT-801Wは上々だった
日経PC21

最近はネットショップで激安に購入できる製品も多数。とはいえ、失敗はしたくないもの。そこでPC21編集部が人気のお値打ち品を各ジャンルでピックアップ。製品を実際に試して「ベストバイ」を選んだ。自分にぴったりの製品選びに、役立ててほしい。今回は5000円台から買えるタブレットを取り上げた。

アンドロイドタブレットを比較

ウェブや動画の閲覧に便利なタブレット。だが、いきなり高額なものを買うのは勇気がいる。そこで目を付けたのが、1万~1万円台半ばで買えるアンドロイド(Android)タブレット3製品と、5000円台で買える「Fire 7」の合わせて4製品だ。

BNT-801Wはメモリーを2ギガ搭載。OSはジェネシスホールディングスの製品もアンドロイド8.1と新しい。アマゾンの「Fire OS」はアンドロイドベースの独自OS
カメラの画素数は背面が有効200万画素、前面が30万画素と横並び。Wi-Fiは5GHz帯も使えるが、主流の11acはいずれも未対応だ。重さは7型の3製品が300g以下と軽い

まず基本仕様を見てみると、BLUEDOTの「BNT-801W」が頭一つ抜けている。メモリーは4製品の中で唯一の2ギガ。ストレージも「Iconia One 7」と並んで16ギガを備える。BNT-801Wは本体が若干大きいものの、これは画面サイズが8型のためで、利点ともいえる。

画面の発色と視野角、解像度を比較した。発色は「Iconia One7」と「Fire 7」が良好。画面が明るく、画像がきれいだ。視野角はほぼ同じで、解像度は8型のBNT-801Wがやや高い

BNT-801Wが残念なのは液晶ディスプレイの品質。Iconia One 7とFire 7が高輝度で色鮮やかなのに対し、BNT-801Wは暗く、色も地味。またガラス表面から液晶面まで距離があり、やや違和感がある。

「Geekbench(ギークベンチ)」[注]というアプリで、シングルコアとマルチコアの処理能力をテスト。数値が大きいほど高性能だ。なお、Iconia One 7はアプリ起動時にエラー画面が出てテストできなかった

処理性能では、BNT-801Wはジェネシスホールディングスの「JT07-81B」に次いで高い。図は「ギークベンチ」のスコアだが、ほかに試した「AnTuTuベンチマーク」を実行できたのは、BNT-801Wだけ。ほかの3製品はテスト中に動作が止まり、計測不能だった。バッテリー駆動時間もBNT-801Wがほかを圧倒。これらの結果を踏まえると、入門タブレットとしてBNT-801Wがベストの選択といえる。

価格を見るとFire 7のほうが圧倒的に安いが、OSが通常のアンドロイドではない点に注意。公式のユーチューブアプリを使えないなどの制約があるため、ベストバイとはいい難い。ここで取り上げたもの以外にも、アンドロイドを搭載した5000円前後の激安タブレットも存在するが、性能は極めて低い。アプリのメニューを開くといった操作でももたつき、バッテリーは2時間強しか持たなかった。価格は2倍だが、BNT-801Wを選んだほうが満足できる。

ユーチューブを連続再生しながら、バッテリー駆動時間を計測した。トップは6 時間を超えたBLUEDOTのBNT-801W。本体サイズが大きい分、バッテリー容量も大きいため、他製品と差がついた。Iconia One 7とFire 7も4時間台なので及第点といえる

[注]Fire 7は「Geekbench 3」、ほか3製品は「同4」でテストした。

※記事中に示した実売価格は、原則、2018年12月12~13日に調査した主なネットショップでの最安価格(税込み)です。

(ライター 原如宏)

[日経PC21 2019年2月号掲載記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧