WOMAN SMART

キャリア

働き続けたいから… 平成女子「出産前に成長したい」 20代正社員キャリア座談会

2018/12/25

来年への誓いを聞いた

平成の時代は育児休業法(当時)の施行をはじめ、働く女性を支える環境整備が進んだ。子どもを育てながら働き続ける女性が増えて就労期間が長期化。平成生まれの20代女性は結婚・出産などのライフイベントに備え、早くから成長を求める新しいキャリア観が広がっている。職場での女性の活躍への注文を含め、語り合ってもらった。

Aさん 2014年に大手人材サービス会社入社。人事を担当。
Bさん 13年から中堅医療機関勤務。医療事務を担当。
Cさん 12年に大手保険会社入社。営業職として働く。
Dさん 12年に運輸大手入社。コーポレート部門で働く。既婚。1児の母。
Eさん 14年に大手広告会社に入社。18年に退職しベンチャー企業でブランディングを先導。既婚。
注)平成元~3年生まれ(27~29歳)の大卒正社員・正規職員

■理想の働き方へ、起業・資格など研さん励む

――皆さん「長く働き続けたい」とのことですが、希望の働き方は。

Aさん 「勤め先は若いうちから性別などに関係なくフラットに評価し自由に働けて、さっさと昇進できる。早めに成長させてくれる点に魅力を感じて入社した。役職アップより力をつけたい。将来は独立するなどして人や組織が良くなるように企業へのコンサルティングをやりたい」

Bさん 「現場で働きたい。もっと患者さんやそのご家族をじかに支えたいと社会福祉士の資格を取った。今の職場は人間関係が良く不満はないが、学べることはもうない。転職でソーシャルワーカーになろうかと移り時を検討中。結婚や妊娠・出産は目標がなさすぎるのがやや不安」

Cさん 「私は結婚や育児もしたいが、どちらかというと仕事をメインにできる限り能力を伸ばし管理職になりたい。生え抜きの女性役員が誕生し、目指そうと思えばあそこまでいけるんだと思った。今後、人をまとめる立場として、気持ちよく働ける職場環境や教育体制を整備できたら自分も周囲もハッピー。顧客にも良い価値を提供できる」

Dさん 「午前8時半~午後3時半が私の定時。仕事は細く長く続けたい。子どもは3人くらい欲しい。あと2回育休をとることになるが、子どもの教育のためにも社会との接点は絶対持っていたい。仕事はスキルアップのためにやっていて、今は会社に費用の75%を負担してもらい、英会話を受講中だ」

Eさん 「私は絶対、子どもが欲しい。28歳くらいで出産したい。それまでになるべく仕事の実力をつけなければと、激務でも成長できる職場を求めて大手企業へ。ただその会社は忙しく、子どもを産んでやりがいを持って働くのは不可能と判断した。成長する環境としては良かったが、組織でキャリアを積むのは無理だと思った」

「起業を考え迷っていた頃、友だちが興したベンチャー企業の手伝いを頼まれた。確かに起業に向け経験が積める。いずれ自分のペースで自分にしかできない仕事と育児を両立したい」

WOMAN SMART 新着記事

おすすめの連載
ライフスタイル
日々の暮らしの悩みを解決
ビューティー
忙しくても美しい人の秘密
マネー
お金と賢くつきあいたい
オトナのスキルアップ入門
仕事技、いつもレベルアップ
キャリア
自分らしく働く人を応援
DUALプレミアム
働くママ&パパに役立つ
ALL CHANNEL