MONO TRENDY

ヒットを狙え

市場拡大する甘酒 女性に人気のパッケージはどっち?

日経クロストレンド

2019/1/28

「パッケージから感じるイメージ」(Q2)を聞くと、Aは「健康に良さそう」が77.7%、「麹の風味が良さそう」が74.0%、「美容に良さそう」が68.0%で特に高い。健康や美容への効果を期待しながら手に取る人が多そうだ。

「パッケージから感じるイメージ」(Q2)の回答

Bの場合は、「高級感がある」が72.0%、「デザインが好き」が55.7%「品質が良さそう」が52.7%と続く。コーヒーや紅茶のように、おしゃれに飲めるイメージを獲得している。

「通常の甘酒が190円だった場合、Q1で選んだ商品がいくらまでなら買うか」(Q3)と聞くと、Aは+14.4円、Bは+15.6円だった。高級なイメージが強いBのデザイン価値が、わずかではあるが上回った。

「通常の甘酒が190円だった場合、Q1で選んだ商品がいくらまでなら買うか」(Q3)の回答

「どこを見て買いたいと思ったか」(Q4)を聞いた。Aは、「『麹だけでつくったあまさけ』のロゴ」が56.7%、「ボトルの形状」が11.6%、「キャップの赤色」が7.3%と続いた。男女問わず、全体の半数以上がロゴのデザインを評価している。

「どこを見て買いたいと思ったか」(Q4)の回答

実はこの「麹だけでつくったあまさけ」のロゴ表記は、八海醸造がこだわった箇所でもある。「“あまざけ”を“あまさけ”と表すことで、同商品の特徴であるすっきりとした味わいを表現した」(勝又氏)という。濁点を取るという小さな工夫だが、多くの人に好印象を与えることに成功している。

Bの場合は、「背景の桜のグラフィック」が25.0%、「『黄桜』のロゴ」が23.5%、「『甘酒』のロゴ」が17.7%。舞い落ちるような桜の雰囲気や、にじんだような甘酒の書体に美しさを見いだす人が多かったようだ。一方で、Aに比べると、パッケージの評価のポイントが分散している分、存在感が希薄な印象だ。

●調査の概要 
2018年10月中旬、インターネットを介してアンケート調査を実施。有効回答数は男性150人、女性150人の合計300人。20代、30代、40代、50代、60代の各世代とも男女30人ずつ。
調査協力:クリエイティブサーベイ 
https://creativesurvey.com

(ライター 近藤彩音)

[日経クロストレンド 2018年12月12日掲載]

「マーケ・デジタル戦略」が分かるデジタルメディア、日経クロストレンド

「日経クロストレンド」では「P&Gマフィア」「AIを使ったリアル店舗の逆襲」「クルマ・鉄道を変えるモビリティ革命『MaaS』」「中国ネット企業の実情」など、次の時代を予見するマーケティング・デジタル戦略の特集記事を毎月たっぷりお届け。マーケ担当者に加えて、経営者・役員やIT担当者など、幅広い層に読んでいただいています。


MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
森永ラムネが大ヒット ブランドの意外性が成功の鍵
日経クロストレンド
アップル、4年半越し悲願 腕時計「常時点灯」の真意
日経クロストレンド
アップルがゴールドマンと出すクレカ、意外と使うか
日経クロストレンド
花王が洗顔シートで王者を逆転 敵の弱点を徹底訴求
ALL CHANNEL