Fashion × Analytics

ビジカジにぴったり 細身でも履き心地のよいパンツ

2018/12/26

自分が探しているファッションアイテムについての質問を投稿すると、登録された全国のショップから回答が寄せられるファッションアプリ「FACY(フェイシー)」。提供元のファッション系ベンチャー、スタイラー(東京・渋谷)が、月間100万人を数える利用者からの投稿内容を分析、次のトレンドを読み解く。

メンズ向けの「FACY MAN」の投稿件数で、「ジャケット・アウター」に次いで多かったのが「パンツ」だった。

さらに投稿内容を詳しくみると、「パンツ」に関連する頻出語としてトップとなったのが「細身」だ。なぜ、幅の広いワイドパンツ全盛と言われる中、細身のパンツを求めるユーザーが目立っているのか。

デニムブランド「RESOLUTE」(リゾルト)やパンツブランド「BARNSTORMER」(バーンストーマー)など、大人の普段使いカジュアルウエアを提案するセレクトショップ「ZABOU」(ザボウ)東京店のスタッフに聞いた。

「若いうちは(ワイドパンツなどの)はやりに乗っても違和感はないですが、ある程度の年になると、自分に似合う服が分かってきます。実際、細身のパンツはスタイルが確立されてきた30代、40代のお客さんが買うことが多いです」という。また、「ジャケット・パンツなど、ビジネスの服装のカジュアル化も細身パンツに人気が集まる要因の1つ」とみている。

Latest