U22

就活

インターンから自己分析、選考試験対策、立ち直り方法まで 就活生座談会2018(7)

日経カレッジカフェ就活取材班

2017/7/18

内定者座談会の後編です。前回は志望業界の絞り込み方や入社予定企業の決め方、内定辞退やオワハラなどについて話してらいました。今回はインターンや選考試験対策などについて話を聞きました。

【参加学生】
Aさん(男性、私立大学文系、入社予定=政府系金融、その他内定先=総合商社、コンサル3社、IT、外資系情報)
Bさん(男性、私立大学文系、入社予定=総合商社、その他内定先=総合商社2社、電機、広告、、投資会社)
Cさん(男性、私立大学文系、入社予定=物流、その他内定先=物流)
Dさん(女性、私立大学文系、入社予定=テレビ局)

インターンは選考で有利になるのか

――インターンは何社くらい行きましたか? また本選考での優遇策などはありましたか?

Cさん 2社行きました。1社は夏に1度インターンがあり、冬に夏の参加者の一部が呼ばれたインターンがありました。インターン参加者にはリクルーターが付き、選考も1次のグループディスカッションが免除になって、人事面談を通過すれば内定という流れでした。

Dさん テレビ局3社の1dayに行きましたが、応募したのは20ぐらいになると思います。テレビのインターンは応募数が2万~3万になるらしいのですが、書類選考だけで50人ぐらいまでに絞るので基本的に落ちるのが当たり前。インターンの内容は番組制作の体験や社内見学、社員との懇親会などです。優遇策はないと思います。内定先もインターンは行っていませんし、他の最終まで進んだ局もインターンは行っていません。テレビ局の総合職はインターンは関係ないでしょう。ただ、アナウンサーは夏のインターンで決まるようで、友人は6月のインターンで採用されました。

Aさん 僕は5社に行き、2社から内定をもらっています。1社は早期選考を受けており、その会社はインターンに参加するかリクルーターが付いた早期選考ルートでないと、内定は厳しいという話を聞きました。もう1社はインターン中にメンターが付いて、その方が推薦してくれたみたいでしたが選考フローが変わったわけではありませんでした。

Bさん 1dayなど短期のものが8社、1週間から2週間の長期5社に参加しました。内定をいただいた電機メーカーはインターンに行きましたが、他の5社は行っていません。インターンは広く業界を見たいという目的で、金融やマスコミなど広く参加しました。私は参加しませんでしたが商社でもインターン優遇はあったようで、6月1日に内定が出た人はインターン経由だったようです。

U22 新着記事

ALL CHANNEL