横浜国立大学准教授 服部泰宏

横浜国立大学准教授 服部泰宏
2016/1/21

「優秀」とは何か?

そこでビリーは、選手を評価する際にスカウトの「目利き」ではなく、コンピュータによるデータ解析を重視しました。分析の結果見えてきたのは、偶然に左右されない純然たる選手の「優秀さ」を測る数字は、打者なら「出塁率」(どんな方法であれ、とにかく塁に出る率)だ、ということでした。投手が投げるボールを見極める「選球眼」こそが、「優秀」な選手の条件だという結論です。

メジャーリーグの世界では、打率や打点の高い選手こそが「優秀」とされ、ボールを正確に見極める「選球眼」のある地味な選手は冷遇されていました。ビリーが他球団の選手を探したところ、本来のチームへの貢献度に比べて、評価が低い選手が何人も見つかりました。

たとえば、極めて出塁率が高かったが、腕にけがを負い、本来のキャッチャーというポジションをこなせない状態であったスコット・ハッテバーグ選手。ビリーはどの球団も見放したこの選手を、ほとんど送球をしなくても済む一塁手へコンバートするという条件で、強豪ボストン・レッドソックスから安く引き抜きました。ハッテバーグは、レッドソックス時代とは別人のように活躍し、02年シーズンには136試合に出場し、アスレチックスはシーズン中20連勝という大記録をなしとげたのです。

「当たり前」を疑おう

この物語が私たちに教えてくれるのは、誰が「優秀か」ということは決して一律に決まるものではなく、球団なり企業なりがどのような採用をするかによって変わってくる、ということです。従来は「足が速い」「守備がうまい」「長打が打てる」といったことが「優秀な」選手の条件であるという考えが主流でした。

そんな中でアスレチックスは、「出塁率」こそが、チームの勝利に貢献する最も重要なファクターであるという観点から選手の採用を行いました。「出塁率」の高さというのは、それまで全く重視されてこなかった要素です。その意味でアスレチックスは、「新しい優秀さ」を作り出したとすらいえるでしょう。数学の試験をした時と、体育の試験をした時とでは「優秀」な人が変わるように、企業がどのような採用をするかによって「誰が優秀か」ということは変わってくるのです。

だから就活をする際には、「その企業がどういう学生を採用しているか」、つまり「その企業がどういう学生を優秀である(でない)と決めているか」を考える必要があります。ところが、野球の世界と同じように、ビジネスの世界でも、人材を採用する側である企業が、採用する人材の「優秀さ」をきちんと定義しないままに、その企業なり業界の慣例だとか通説にもとづいて、採用を行ってしまっていることが多いのです。

「学歴が高い人材は優秀だ」とか「優秀な学生を見抜くには面接が一番だ」といったことが採用の世界では通説となっていますが、研究では、こうした説に対して否定的な結果が出ています。ということは学生の側からすると、たとえば学歴に自信がなくても、ハッテバーグの「出塁率」のように、注目されていない自分の長所をうまくアピールして企業に納得してもらえるようにすればよいわけです。この連載では、企業と就活生が「当たり前」のこととして信じている誤解を検証し、双方にハッピーな就活ができるよう応援していきたいと思っています。

服部泰宏
1980年神奈川県生まれ。滋賀大学経済学部情報管理学科専任講師、准教授を経て、現在は横浜国立大学大学院国際社会科学研究院准教授。専門は経営行動科学・組織行動論。科学的手法を取り入れて企業と人材のミスマッチを防ぎ、企業と学生双方にとってハッピーな採用を目指す「採用学」を提唱し、企業や学生とも共同で研究・活動を進めている。
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
大学の約束