留学は有利?不利? データから検証ホンネの就活ツッコミ論(68)

石渡嶺司 大学ジャーナリスト

石渡嶺司 大学ジャーナリスト

今回のテーマは、「留学の有利不利」です。さっそくですが、記事2本の見出しをお読みください。

・長期留学生 出遅れ懸念(2017年8月22日、読売新聞朝刊)

・留学経験 就活の力に(2017年10月2日、朝日新聞朝刊)

否定論・肯定論と両極端の記事、元ネタは同じ

見出しだけ読むといかがでしょうか。留学が就活へ与える影響について、読売新聞記事は否定的、朝日新聞記事は肯定的、と感じる方が多いはず。実際、記事内容も読売新聞記事はやや否定的、朝日新聞記事はやや肯定的になっています。

面白いのは論調が分かれる記事2本、どちらも就職情報会社ディスコと海外留学を促進する文部科学省の事業「トビタテ!留学JAPAN」のデータ・コメントで構成されていることです。元ネタは同じなのに、なぜこんな両極端に論調が分かれるのでしょうか。同じことが現在の就活における留学有利論の是非にもつながります。

詳しい事情をデータと採用担当者側の理由からまとめてみました。

日本人留学者数は実は増えている

まず、留学の基本データから。日本学生支援機構の調査によると、2009年度には36302人だった留学者数は2016年度には96641人と2.6倍まで増えています。2016年度は1か月未満が60145人、1か月以上3か月未満が9069人、3か月以上6か月未満10648人、6か月以上1年未満13664人、1年以上2456人となっています。半数以上が1か月未満である点が大きなポイントです。

次に企業側はどう見ているのでしょうか。「トビタテ!留学JAPAN」による「就活と留学に関する調査」(2017年6月)によると、採用担当者向け調査で「留学経験が仕事で役に立つ」という項目で「そう思う」と回答したのは80.4%。「留学経験者を今後積極的に採用していきたい」という項目で「そう思う」と回答したのは62.1%。

学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ
学生参加型コミュニティ 登録受付中
メールマガジン登録
Mirai アーカイブズ